コスプレイヤーの火将ロシエルが9月19日、埼玉・川越水上公園プールで行われた「フレッシュスペシャル大撮影会 in 川越プール」に特別出演した。

6月に続いてグラビアアイドル・RaMuとのバンド・pretty noobとして参加したロシエル。今回は天気の良さに加え、地元・川越ということでテンションも高く、笑顔の多い撮影会に。インタビューでは何度も「うれしかった」と口にした。

■子どものころ毎年来ていた公園

――今年2回目のプール撮影会はいかがでしたか?

今回は川越水上公園ということで、私は出身が川越なんです。本当に子どものころ、毎年この水上公園に来ていました。まさかその思い出の地で、よく滑っていたウオータースライダーを背景に写真を撮ったりするなんて…。流れるプールなど、子どものころを思い出してすごく楽しかったです。

――特に覚えている思い出はありますか?

お父さんとお兄ちゃんと3人で来たとき、ボートを借りたんです。流れるプールで乗るんですけど、ボートがひっくり返ってしまって溺れるという、人生初の体験をして(笑)。そこで、ちょっと水が嫌いになったんですけど、今日それを思い出したんですが、今ではいい思い出なんだって思いました(笑)。

――先日発売されたばかりの写真集「ignis」(光文社)も川越で撮影されていましたが、仕事以外でも川越はよく来るんですか?

実家が川越なので月に一度くらいは帰っています。行きつけの猫カフェがあって、そこに遊びに行って癒やされたりしています。

■RaMuとの撮影は「地元に友達がやってきた、みたいな(笑)」

――やはり地元での撮影会は気分が違いますか?

やっぱり違いますね。慣れ親しんだ場所だったので。ここで水着になって撮ってもらうということは、子どものころには想像もしなかったことなので、懐かしい気持ちになったのと同時に、この場所は本当に大好きなので、めちゃくちゃうれしかったです。

――撮影会中も笑顔が多かったように感じました。

そうですね。意識してなかったですが、自然と笑顔になっていました。懐かしい景色で子ども時代に戻って、笑顔が自然と出てきちゃいました。

――RaMuさんと一緒の撮影でした。

地元に友達がやってきた、みたいな(笑)。「ここが流れるプールだよ」とか、ボートのこととか、いろいろ紹介しちゃいました。

――今日、お二人は2パターンの水着を着ていましたね。

1着目はプール撮影会ということで、ちょっとスポーティーな感じを出したいなと思って、ショーパンとキャップを合わせて、上の水着はそれぞれ家にあるものをお互い持ってきました。

もう1着は、RaMuちゃんはいつも格好良い感じのイメージなので、たまにはかわいい姿も見てみたいなと思って、メイド服をチョイスしました。

私がメイドのスカートとカチューシャ、靴を、ちょうど同じものを二つ持っていまして、私が持ってきました。やっぱり似合いますね。かわいい、本当に。RaMuちゃんは小柄なので、何を着ても似合うというか、男らしい表情もあるので、そのギャップが効いていて、めちゃくちゃいいなと思いました。

■川越の女がやってくると、やっぱり晴れる

――今日は日差しが強くて暑かったですね。

昨日はすごい土砂降りだったのが、今日は30度近くて。私の“晴れ女パワー”が効いたなって!(笑) 川越の女がやってくると、やっぱり晴れるんですね。今年はあまり夏らしいことができなかったですが、今日はキッチンカーでかき氷を売っていたし、夏を満喫できました。

――日焼けは大丈夫ですか?

最初、日焼け止めをもらったんですけど、暑すぎて溶けちゃって、結構焼けちゃった気がします。頭皮がすごく焼けやすいので、頭のてっぺんがかなり(日焼けして)黒くなっていると思います。でも、これも夏の思い出ということで(笑)。夏を満喫して、夏らしい撮影ができたんじゃないかなって思います。

――他に今年の夏の思い出はありますか?

実は昨日、いとこを誘って陶芸に行きました、川越で。茶碗とコップを作りました。いい思い出になりましたね。

――では、最後に読者へメッセージをお願いします。

今年はイベントが少ない中ではあったんですけど、私自身いろいろな活動をしてきて、9月28日には写真集を発売しました。まだ誰もやったことのないようなことを、例えば表紙で“火ブラ”に挑戦してみたり。セクシー、かわいいだけじゃなくて、面白いページなどもあるので、ぜひぜひ皆さんにゲットしていただいて、楽しんでもらえたらうれしいなと思います。