毎週ゲストとお酒の席で盛り上がるトークをする「人志松本の酒のツマミになる話」 (毎週金曜夜9:58-10:52、フジテレビ系)。10月22日の放送では、自分の職業を親に反対されたかどうかの話で盛り上がった。

千鳥・ノブが「うちはもう大反対でしたね。三人兄弟で、兄ちゃんと真ん中の兄ちゃんが就職して三人目の俺がやっと就職できたんですよ。シャープという電機メーカーで。やっと三人就職させてよっしゃという矢先に、芸人なるわ、会社辞めるわって言ったから、親父はもう『勘当じゃ!』ってなって」と、父親が大反対だったことを明かした。

続けて「『もうええ!』って激怒して、大悟の実家にも電話して。大悟が誘って大阪行くことになってたから『うちの息子をそそのかしたんか!』って。でも、僕はもう会社へも辞表出してるから、大阪出ていくって言って荷物ひとりでまとめて。お母ちゃんだけ見送りに駅に来てくれて『どうなってもいいから大悟くんと仲良く』って言って」と当時の大変な状況を説明した。


そして「『これ、お父さんからや』って箱が入ってて、『ええっ?』と思ってパッと開けたら、真っ赤な天狗のお面が入ってた」と言うと、スタジオ一同「えーっ!」と驚き。

ノブは「『どういうメッセージ?』って思って何年後かに、上沼(恵美子)さんの番組で、家にある物を鑑定しますっていうのがあって、霊能者と鑑定士がいて、『値段は10円くらいです。ただ、悪い霊がパンパンに詰まってます。これは高野山で燃やしてもらってください。相当パワーがあるところで燃やしてもらわないとだめですよ』と言われたんですよ」と、お面の意外な鑑定結果を明かした。

続けて「で、お父ともう和解してましたから『こんなんやったで』と話したら、『よかったよかった』と。『なんやったん?』って聞いたら、備中神楽の悪い物を倒すお面、悪霊が近づかないように、全部このお面が吸ってくれるという意味やったらしく、本当に吸ってくれてたんですよ」と、父から贈られたお面の驚きの意味を告白した。

すると、大悟が「その時の収録で鑑定士のアシスタントがお面をポロっと落としたら、『パチーンッ!』って言って弾けたんですよ。ノブにいくはずの悪を…」と証言、続けてノブも「お父のお面が吸ってくれてたんだと思ったら、意味があったのかな」としみじみ語っていた。