12月18日(土)、25日(土)に放送される平手友梨奈主演の土曜ドラマ「風の向こうへ駆け抜けろ」(夜9:00-10:13、NHK総合)より、板垣李光人演じる失声症の厩務員・木崎誠のビジュアルが公開された。

同作は、古内一絵の同名小説が原作で、脚本を大森寿美男が務める。震災で父を亡くし、居場所を無くした少女と一人の男が出会い、ウマを愛し、騎手の夢を諦めず挑み続け、その愛が周りの人々を結びつけ、共に未来に駆け抜ける姿を描く。平手は、主人公の新人女性騎手・芦原瑞穂を演じる。

■土曜ドラマ「風の向こうへ駆け抜けろ」あらすじ
新人女性騎手、芦原瑞穂(平手)は養老牧場を営んでいた父を震災後に亡くした。その後、中央の競馬学校を卒業し、プロデビューするものの成績は上がらず苦しんでいた。

そんな瑞穂を迎え入れたのは、地方競馬の鈴田競馬場の緑川厩舎だった。そこは、今にもつぶれそうなボロボロの厩舎で、やる気のない調教師・緑川光司(中村蒼)と、頑固で融通の利かないベテラン厩務員たちと馬には優しいが人には心を閉ざした失声症の若い厩務員(板垣)がいた。

そこは、社会のあぶれものばかりが居る藻屑(もくず)の漂流先と言われ、他で使い物にならないと言われ者たちのたまり場だった。

■板垣李光人コメント

"声を使わない"ということは自分の中でも新しい表現方法で、撮影に入る前は若干の不安があったものの、いざ始まってみると監督や共演者の皆さんのおかげもあり、誠と共鳴し苦しくなるシーンもありましたがとても楽しい毎日です。

特によく話しかけてくださる平手さんには癒されながらも、ジョッキーという危険と隣り合わせの撮影の中でひたすら役と向き合い作品を創り上げてゆく、瑞穂そのものの姿に、とても背中を押されています。キャストスタッフの人間陣はもちろんですが、馬たちも本当に頑張ってくれています。

まさしく人馬一体となったこの作品は必ず素晴らしいものになると思いますので、楽しみにしていてください。