10月26日に放送された「パパジャニWEST」(TBS系)では、お菓子を使った料理対決を実施。ジャニーズWESTの濱田崇裕が「今日はキテるぞ!」と、自慢の料理で対決に臨んだ。

前回に引き続き「これが出来たら自慢のパパ 宿題パパ力検定!」と題した料理対決に、レイザーラモンRG、原田龍二、布川ひろき(トム・ブラウン)、独身代表として濱田がチャレンジ。その様子を別室で北斗晶、近藤千尋がモニタリングした。

今回のお題はお菓子を使ったアレンジコース検定として、お菓子を使ったコース料理づくりに挑戦。濱田は料理のコンセプトについて「関西色強め。デザートは子どもだけじゃなくママも喜ぶような」と語った。

濱田はかっぱえびせんやうまい棒、オレオ、カステラ、キャベツに卵などを用意。1品目はうまい棒を使ったお好み焼きを作るという。

まずはうまい棒のめんたい味とたこ焼き味を袋に入れ、オレオ、かっぱえびせんも同様にそれぞれ袋に入れて砕いた濱田。北斗から手際の良さを褒められると、「タイムアタックしました」と自宅で練習していたことを明かした。

続いてキャベツの千切りに取り掛かったが、濱田は手袋の指の先も切ってしまい、それがキャベツに混ざってしまった。その結果、キャベツを切り直して5分のタイムロス。それでも順調に調理を進め、具材をフライパンで焼いた。

焼き上がりを待つ間は、うどんとかっぱえびせんを使った料理へ。濱田は「世の中のお父さんはマジ、まねしてほしい」と言い、取り掛かる料理を「かっぱえびせんを使ったエビ風味のオリジナル…冷やし油うどん」と紹介した。

うどんを水で洗い、ごま油、めんつゆで味付けし、細かくカットしたチャーシューを混ぜ、砕いたかっぱえびせんをトッピングして完成。「うまいに決まっとる!」と声を弾ませ、さらに焼けたお好み焼きをひっくり返すと、「キテる! 今日はキテるぞ!」と料理の出来栄えに上機嫌。

続いて「私物でございます!」と取り出したのは、自宅で凍らせたコーヒー、かき氷器を取り出し気合十分の濱田。3品目としてティラミス風かき氷風パフェを作った。今回、かなりの成長を見せた濱田に、桐山照史は「涙出てくるな」と感動を口にした。

試食になると、北斗と近藤も絶賛し、結果は悲願の初優勝。濱田は「鳥肌立った、やべぇ鳥肌!」と驚き、「取られへんと思ってたけど、やっと料理で取れた」と喜びをかみしめた。

小瀧望は「パフェっていう発想がハマちゃんぽくないよな」とコメントすると、「意外でしょ? 頑張ったんすから…ホントに」と目を閉じて力を込めて語っていた。

「パパジャニWEST」は毎週火曜深夜に放送中。次回は11月2日(火)に放送予定。


※濱田崇裕の「濱」は旧字体が正式表記