10月28日(木)放送の「科捜研の女21」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)第2話では、第1話に続き、「科捜研の女 -劇場版-」からのゲストが登場。「劇場版」で天才科学者・加賀野亘(佐々木蔵之介)に心酔するあまり、主人公・榊マリコ(沢口靖子)たちに敵意を向け、捜査を混乱させる不穏な行動を取った“疑惑のリケジョ”、ウイルス研究者・秦美穂子(佐津川愛美)が予想外の転身を遂げ、“特殊清掃人”となってマリコの前に立ちはだかる。

同作は、京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・マリコを中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く、ミステリードラマ。

■“特殊清掃人”に殺人事件の証拠を消されたマリコ!真相解明に挑む

第2話では、アパートの一室で若い女性の刺殺体が見つかる事件が発生。死因に疑問を感じたマリコは、残された証拠を徹底的に採取すべく現場の再鑑定に向かったところ、防護服にゴーグルという重装備の特殊清掃人が、薬剤で部屋を殺菌消毒している光景に遭遇する。

このままでは、血液や体液がすべて破壊されてしまう…と、慌てて止めようとするマリコともみ合いになったその特殊清掃人こそ、かつて捜査を混乱させた秦美穂子だった。

かつて医大の助教だった美穂子が、特殊清掃人となった、その転身の背後に存在するのが、特殊清掃会社の代表・阿武隈忠(谷田歩)。美穂子が彼と行動を共にするようになった背景に目が向けられ、この2人が事件に関わっていた疑惑まで浮上する。

2人のほかにも、遺体の第一発見者であるアパートの隣人・北村沙織(奥山かずさ)をはじめ、事件への関与が疑われる人物が次々出現。現場を消毒されたマリコは、美穂子の妨害に負けず、真実を明らかにしていく。

■「科捜研の女」第2話あらすじ

アパートの2階で、住人・佐々浦洋子(森口幸音)の刺殺体が見つかる。隣の部屋に住む北村沙織(奥山かずさ)が一緒にお酒を飲むため訪ねたところ、遺体を発見したという。

土門薫刑事(内藤剛志)は、通報時間が朝9時と早く、そんな時間から飲もうとしたのか尋ねる。さらに沙織が持参したワインボトルに洋子の指紋が大量に残っていたと告げると、沙織は顔をこわばらせ、「仕事に行く」と強引にその場を去ってしまう。

土門は洋子の下の部屋に住む坪倉隆(竹下健人)にも話を聞く。死亡推定時刻は昨晩9時から11時の間。言い争うような声がしたとの証言がある中、左官職人の坪倉は何も聞いていないと主張する。朝が早く、洋子の足音が聞こえないよう耳栓をして寝ていたと言うのだ。

榊マリコ(沢口靖子)は監察医の風丘早月(若村麻由美)から、洋子の死因が骨盤骨折で生じた大量の出血の可能性が高いと聞かされる。確かに現場の床には大量の血痕があったが、マリコは20代の洋子が部屋で転んだぐらいで骨盤骨折するのか疑問に思う。

一方、土門は洋子が上司・新井典子(瑛蓮)のパワハラが原因で、先月会社を辞めていたことを突き止める。謹慎処分中の典子はパワハラだけでなく、洋子の死への関与を否定。しかし、1人暮らしのため事件当日のアリバイは証明できなかった。

マリコは洋子が激しく抵抗した末、骨折した可能性があると考え、肉眼で見えない血液を探すため土門と洋子の部屋に向かう。すると、ゴーグルにマスク姿の特殊清掃員が部屋を清掃していた。

マリコの制止を聞かず作業を進める清掃員。それは、世界規模で起きた連続殺人事件の捜査でマリコたちが関わった大学教授・加賀野亘(佐々木蔵之介)に心酔していた秦美穂子(佐津川愛美)だった。そこに、特殊清掃を請け負う会社の代表・阿武隈忠(谷田歩)が現われる。

助教だった美穂子との思わぬ再会に驚くマリコ。アパートの住人・沙織や坪倉、さらに被害者の上司の典子など、不審な点やアリバイがはっきりしない者が次々と現われる難事件に挑む。