岡田准一が、11月2日に都内で行われた映画「燃えよ剣」の公開御礼舞台挨拶に登場。岡田が所属していたV6は前日の11月1日をもって、解散。一夜明け、観客からの大きな拍手に包まれながら岡田は、本作の共演者・山田涼介、鈴木亮平からの言葉や、ジャニーズの仲間からの贈り物について明かした。

「昨日はさすがに眠れなかった」と話す岡田は、「松潤(松本潤)からもらった95年(デビュー年)もののワインを一人で飲みながら、眠れぬ夜を過ごしていました」と告白。そして「今日は中居(正広)くんがくれた『V6』と『岡田』と刻まれた靴を履きながら、ここに立っています」と、先輩から贈られた靴で新たな一歩を踏み出した。

また「山田からは丁寧なメールをもらった」という。岡田と本作で俳優として初共演の山田は、「一生追いつくことができない背中だなと感じました。追い続けていきたい。(演じた役の)沖田と土方の関係みたいに、これからも可愛がっていただきたいです!」と笑顔を見せた。そんなキュートな笑顔の山田に岡田が「みんな(観客)、まっすぐな目で山田君を見てる。すごいよ。俺もこうだったんだろうな。まっすぐ度合いが違う!」と言うと、山田は「ありがとうございます。でも恥ずかしいんであんまり見ないでください」と照れた様子。

さらに鈴木からは、開口一番「お疲れ様です」と声を掛けられたという。鈴木は「岡田さんを、男として、俳優として、とても尊敬しています。大きい背中で常に前を走っている方」と絶賛した。

岡田が演じた土方歳三が“バラガキ”と呼ばれていることにちなみ、「僕は昨日までバラガキ5人と過ごしてきました」と振り返った岡田。「V6の長い活動が終わった節目の時に公開されてる映画なので、とても大事な作品。たくさんの方に見ていただけたら嬉しいです」と映画をアピールした。

公開中の映画「燃えよ剣」は、司馬遼太郎の同名小説が原作。新選組の志士たちの人生と、彼らが生きた激動の時代を壮大なスケールで描かれている。岡田は新選組副長・土方歳三を、鈴木が新選組局長・近藤勇、山田が一番隊組長・沖田総司を演じている。