10月31日放送の「それSnow Manにやらせて下さい」(TBS系) では、ゲストに藤森慎吾が登場。Snow Manメンバーとの“リンクコーデ”対決後編が放送され、最もセンスのある人と、ない人が決定した。

“リンクコーデ”とは、洋服の色味やアイテムを部分的にお揃いにするコーディネートのこと。Snow Manの9人と藤森は、それぞれ自分と女性のコーディネートを考えて発表。それを“よしミチ”姉弟として活動するモデルのミチとよしあきが審査し、1〜10位の順位を付けた。

前編では3位阿部亮平、5位岩本照、6位向井康二、7位目黒蓮、8位ラウールまでが判明。後編では残りの5人の順位が発表となった。

“センス普通”の4位の発表を前に、ラウールは「誰の記憶にも残らない(順位)」と指摘。藤森も「もしかしたら一番ひどいかもしれない」と警戒するが、そんな藤森が4位と判明。藤森のコーデを見た深澤辰哉が「ガチですね」と言うと、藤森は「ガチなだけにこんなに恥ずかしいことはない」と悔しがった。

続く“センスあり”の2位は佐久間大介。前回下位だった佐久間の躍進に、岩本は「佐久間が一番びっくりしている」と説明。佐久間自身も「俺が描いてた地図と違うところに来てる」と驚きを表現した。

佐久間は「スポーツの秋」ということで、漫画「テニスの王子様」のキャラクターを再現。「俺の美技に酔いな」と決めぜりふも言って見せるが、深澤からテニスができるのか問われると「一切できません」と答えた。

佐久間のコーデのコンセプトを知った3位の阿部は「俺、この下なの?」と疑問を投げかけるが、岩本は「阿部じゃなくて全員下だから」と訂正。佐久間は「お前ら愚民どもだぞ」と調子に乗る。

■最もセンスのある人、ない人が決定!

“センス無し”の9位に深澤の名前が呼ばれ、残すは1位と最下位の発表。残った渡辺翔太と宮舘涼太は、「1位を獲るために来ている」(宮舘)「言葉はいらない」(渡辺)とそれぞれ自信を見せる。

結果は1位が宮舘、最下位が渡辺に決定。コーディネートを選ぶ際、宮舘は普段、玉森裕太や亀梨和也から洋服を譲ってもらっていて、亀梨からは「ライブでつけていたサングラスをいただいたことがある」と明かす。また服を大量に持っていて、「クローゼットが2つ埋まって、外にお店やさんみたいになっています」と服好きをアピール。

選んだコーデも全員から「おしゃれ」と感心する声が上がり、ここまで辛口の評価をしてきたミチとよしあきもベタ褒め。阿部は「先生たちの評価する声が止まらない。それだけ良い」と言い、宮舘は「I’m a perfect human.」と喜びを表現した。

一方、最下位となった渡辺は「すべてがしんどい」とコメント。コーデを見た阿部は「ちょっと前に『FINEBOYS』の表紙を飾っていた人とは思えない」と酷評。さらに『FINEBOYS』のレギュラーモデルを務める目黒が、渡辺の撮影当日に編集長に「渡辺をよろしく」と連絡を入れたというエピソードが明かされ、深澤から「めめ(目黒)のポイントアップ!」と指摘されると、渡辺は「俺は?」と悲しんだ。

次回の「それSnow Manにやらせて下さい」は11月14日(日)昼1:00より放送予定。