オードリーの若林正恭が登壇した、ABEMAとテレビ朝日共同制作のバラエティー枠「ネオバズ!〜BUZZる!ネオバラ〜」(以下、「ネオバズ!」)のひとつ、反面教師バラエティー「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(毎月第4週金曜深夜0:50-1:20、テレビ朝日系)が、10月29日の地上波放送直後の深夜1:20より、ABEMA SPECIALチャンネルにて配信が開始された。

しくじり学園の担任の若林が、“金曜深夜お引っ越し記念”として、「今後も『しくじり先生』をやっていく上でどうしても伝えたいことがある」という特別授業には、しくじり学園のメンバーである、平成ノブシコブシの吉村崇、ハライチの澤部佑、アルコ&ピースの平子祐希と酒井健太に加え、若林先生の相方の春日俊彰も校長先生として授業に参加し、しくじりメンバーの“心の迷い”を題材に、なやめる中年芸人たちの未来を考える授業を行った。

■「しくじり先生」は“最後の城”

授業の最初、若林先生は、自身にとって「しくじり先生」は「同世代の関東芸人でお笑いができる“最後の城”」と表現し、なやめる芸人を招き、みんなで解決策を考える企画「お笑い研究部」についても、「このメンバーでやれているのが、とにかくやりがいがあるし、楽しいです。本当、今、この時間が“生まれてきて良かったな”って思うくらい」と語るなど、番組への思いを語った。

そして、番組開始から9年目に突入するのを目前に、若林先生の発案によってメンバーへの意識調査をおこなった結果、メンバーそれぞれが、共通して抱いている「現状に満足していないわけではないが、決してこのままで良いとは思っていない」という“心の迷い”が浮きぼりになったと明かした。

メンバーたちが直面しているこの状況について、若林先生は、心理学では30代後半から50代手前の人に起こりがちな「中年の危機(ミッドライフ・クライシス)」と呼ばれていると説明し、「中年の危機」とは、中年期に家庭や職場での役割が変化し、“現状への不満・あせり・迷い”を感じでストレスを抱えた状態であると解説した。

今回は、吉村が番組スタッフとの打ちあわせで語った「自分には20代の頃のような勢いがない」というなやみについて掘り下げながら、中年になると襲われるあせりと不安をテーマに授業を展開していった。

■「泣きそうになってるのよ!」

授業では、実際に吉村とスタッフの打ちあわせVTRが流され、そのなかで吉村は、「お笑いも番組も、全部、頭でやっちゃってる」「20代30代は、あの勢いのあった感じなんだけど、ここ10年くらい、自分より年上に(向けて)だけ仕事してきてる気がする。演者も視聴者も」などと、切実な思いを告白した。「これは良くないよ!」「ここまで出すの!?」と吉村があわてる一方、澤部は「なんか切ない」「すごいな」と声を漏らした。

そして、その吉村に対して、ほかのメンバーたちはどんな思いを抱いているのか、それぞれに行った面談の様子もVTRで流され、澤部は「“尊敬”くらい、僕は正直思ってる。“今だ!”って思ったら、どんな状況でも大きな声出して、前線に単独で乗り込んでいく姿はかっこいいなと思います」と、酒井は「やっぱり爆発力、突破力。若様(若林先生)との信頼関係も、何かあった時は吉村」と、続いて平子は「同世代からすると、ちょっと怖い存在。平場で男芸者のような立ち回りでって言ったら、芸能界でたぶん、トップ5に入る」と、さらに春日は「どっちもできるじゃないですか、自虐的なことも自分で落とせる。吉村くんがいたら助かる」と、次々に称賛の声が上がった。

教室では、思わぬところで明るみに出てしまったそれぞれの“本音”に、しくじりメンバーはおたがいに大照れで、吉村は「こう思われてるとは思ってなかった」「“あんな芸人にはなりたくない”というダメな例のほうで出たりしますから」とコメントしながらも、「ちょっと動揺して、うまくしゃべれないんですけど」と呆然する。

言葉に詰まった吉村に、若林先生は「泣きそうになってるのよ!みんなのはげましに」とツッコミを入れ、一同の笑いを誘った。また、「『しくじり先生』に関しては、まだ20代の爆発力、突破力を出せてると思う。ワクワクします」という酒井の言葉に、若林先生も「ワクワクするよね!吉村くんて。何してくれるんだろうって」と賛同する。

これに対し、吉村は「ひさしぶりに言われた。“ワクワクする”って」と口を開くと、いつの間にか「現場にいたら、安定する」と言ってもらえるようになったとふり返り、「確かに、ワクワクだったな、俺」と感慨深げに語っていた。

その後も、メンバーから激励が続き、「声にならないです。うれしくて」とうろたえる吉村に、爆笑するしくじりメンバーたちだった。

さらに、授業の終盤では、より客観的な意見を聞くためにと、専門家として吉村の相方の徳井健太が、別室にてモニタリングしていたことが明らかになり、突如、現れた相方に、吉村が「あ〜ダメだ」と困惑するなか、開口一番、徳井が、「吉村は○○を目指すべき!」と熱弁をふるい、しくじりメンバーは、「なるほど」と納得していた。