柳楽優弥が主演を務める日本テレビ系連続ドラマ「二月の勝者―絶対合格の教室―」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)が11月2日、アメーバオフィシャルブログを更新。第3話(10月30日放送)の“黒木語録”がファンからの反響を呼んでいる。


同作は中学受験の実態をリアルに描いた人気マンガが原作。主人公は、激変する受験界に舞い降りた、最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽)。「中学受験は課金ゲーム」「親はスポンサー」「子供を合格に導くのは、父親の経済力と母親の狂気」など、過激な言動で波紋を呼び、常に周囲を圧倒。「絶対に全員志望校に合格させる」と断言する黒木による、中学受験塾を舞台にした人生戦略ドラマ。

第3話では、黒木が校長を務める桜花ゼミナールが誇る女子成績トップの前田花恋(田中絆菜)が、名門塾ルトワックへの転塾を希望し、体験授業に参加する。桜花の講師たちが動揺する中、黒木は「放っておきましょう」の一言だけ。

花恋は、ルトワックの授業スピードやハイレベルな生徒たちに圧倒され、夜遅くまで勉強するほど自分を追い込んでしまう。後日、吉祥寺の街を疲れ切った様子で1人歩く花恋のもとに、黒木が現れ、巧みな言葉で引き留める様子が描かれた。

そんな第3話について、「黒木語録」と題して更新されたブログは、『花恋の席、まだ空けて待ってるよ』と花恋に対して黒木が話すシーンカットを公開。ピシッと整えたヘアスタイルから髪の毛を崩し、ネクタイを緩めた姿で登場し、黒木が言ったセリフに「こんなこと優しく言われて…落ちないわけない…」とコメント。

最後は「見逃した方…第3話をお見逃しなく」「第4話は11/6土曜夜10時放送です」という告知で、ブログは締めくくられた。

この投稿にファンからは「オフ黒木にドキドキしまくった!!」「とにかく色気がやば〜ぃぃぃぃ」「男でも惚れました!」「カッコよすぎ」「このシーンで恋に落ちましたww」などの声が寄せられている。

■第4話あらすじ

ゴールデンウイークの特別講習を控えた桜花ゼミナール吉祥寺校。6年生全員の申し込みがノルマだと言う校長・黒木蔵人(柳楽)だったが、佐倉麻衣(井上真央)が担任のRクラスは申し込みをしていない生徒がまだ数名いる状況。成績が低迷している生徒がいるRクラスは特にこの特別講習が不可欠だと、佐倉は黒木から圧をかけられる。