声優の安元洋貴と前野智昭が出演する「声優と夜あそび 月」(毎週月〜金曜夜10:00-11:30、アニメLIVEチャンネル)、11月1日放送の #27では、小林千晃、島袋美由利をゲストに迎え、番組オリジナルの恋愛シミュレーションゲーム「夜あそびメモリアル」で安元、前野がふんする洋子と智子の攻略に挑戦するコーナーなどを行った。

ゲストの小林は、8月にも月曜日に遊びにきており、すっかりリラックスしている一方、島袋は、約3年ぶりの登場で少々、緊張気味だったが、4人で仲良く乾杯し、プライベートトークや業界トークで、4人の雰囲気も打ち解けていく。

誰にも言えない悩みを抱えた高校生3人と、“サマーゴースト”と呼ばれる幽霊との“ひと夏の出逢い”を描く、イラストレーターのloundrawによる初監督作品、11月12日(金)公開の映画「サマーゴースト」に小林と島袋は出演している。小林は「最初に受けたディレクションで“役を演じようとしないでください”って言われて。すごく伸び伸びと、自由にしゃべらせてもらいました」と自然体で演技に臨んだことを語り、島袋は「小さな息づかいとか、loundrawさんのイラストが相まって、エモーショナルで繊細な映画になってると思います」と映画の魅力を語る。また番組内で、映画の冒頭部分が初公開されると、安元と前野は、すっかり映画の世界観にひき込まれたようで、「見入ってしまう作品ですね」「音もきれいで気持ちいいし」と絶賛する。

■「MCをオトセ!夜あそびメモリアル!!」

番組オリジナルの恋愛シミュレーションゲームで遊ぶ「MCをオトセ!夜あそびメモリアル!!」では、小林、島袋がプレイヤーとなり、安元ふんする洋子と、前野ふんする智子の攻略に挑戦する。3つのセリフの選択肢から、視聴者が選ぶセリフを予想し、プレイヤーの答えが視聴者と一致したら、洋子と智子の好感度がアップしていく。

まずは小林&智子ペアでゲームがスタートする。

黒髪の清楚系少女に変身した前野こと智子とともに、冒頭から仲良くトークを始める小林に、「今朝は何食べてきた?」という智子からの急な質問に「納豆ご飯だよ」と答えた際には、地元の茨城の名物に智子が「ちあき〜」とデレデレになる。茨城ネタで簡単に心を許す智子に、小林は「チョロすぎるって!まだ始まってない!」とツッコみ、スタジオは笑いに包まれる。

その後も、智子の気まぐれな質問にふり回されながらも、高い適応力で軽快なトークをくり広げるが、肝心な選択肢の問題では不正解を連発する。智子から「クソごじゃっぺが!このやろ〜!」と茨城弁でののしられ、攻略失敗に終わった小林は、次の島袋へ思いを託す。


■しっかりと落としにかかる島袋美由利

続いて、島袋が洋子の攻略に挑戦する。

前野が「安元さ〜ん」と、智子に変身した安元を呼ぶと「安元なんて、ここにはいないわ。一匹の女、洋子よ」と、クセ強めなセリフとともに、ガタイが良すぎる金髪少女の洋子が登場し、スタジオは「ウソでしょ〜!」「強そ〜(笑)」とわき上がる。

そんな男勝りな洋子に圧倒されながらも、選択肢問題では、女性プレイヤーであることを活かし、自分が実際に言われたら、いちばんうれしいセリフで正解を連発した島袋は、最後の告白も、イケボな青年ボイスを披露し、しっかりと落としにかかる。洋子も「イエス!イエス!」とうなり声をあげ、無事に(?)攻略に成功する。

はちゃめちゃなゲームをくり広げた4人は、大盛りあがりのなか、「夜あそびメモリアル」の幕をしめくくった。