上白石萌音、深津絵里、川栄李奈がヒロインを務める連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月〜金曜の振り返り)。11月4日に放送された第4回では、最初のヒロイン・橘安子(上白石)が大学生の雉真稔(きじま・みのる=松村北斗[SixTONES])に思いを寄せていく様子が描かれた。甘酸っぱい展開に、視聴者から「キュンとした!」の声が集まった。(以下、ネタバレがあります)

第1週「1925-1939」(11/1-11/5)は、日本のラジオ放送開始と同日の1925年3月22日に生まれた安子が英語の世界に触れていく、という内容。

第4回では、安子と稔が町の本屋でバッタリ行き合い、自転車の練習に初めての喫茶店…と、距離を縮めていく様子が集中的に描かれ、稔を思う安子の気持ちを上白石がとびきり可愛らしく演じた。

花柄のワンピースに着替えてドキドキしながら雉真家へと配達に向かう場面。雉真家で稔に会えず、ガッカリしながら帰途につく場面。書店で偶然、稔その人に出会い、一瞬動きが止まってしまう場面。そして、家に帰ってラジオ英語講座のテキストをめくりながら、翌日のデートに思いを馳せる場面…。恋する14歳の少女がそこにいた。

視聴者からは「安子ちゃんのドキドキがすごく伝わる!」「甘い〜〜!なんて甘い15分」「安子ちゃん、ホント可愛い。稔さんに会えてよかったねぇ」「本屋で再会できた時の安子ちゃんの表情にキュンキュンした!」といった声が上がり、Twitterでは「#カムカムエヴリバディ」のほか「安子ちゃん」もトレンドトップ10入りする反響を呼んだ。

■松村北斗“稔”に視聴者「推しになりました」

松村演じる稔のスマートさにも注目が集まった。

「大丈夫大丈夫」「最初はゆっくりな」と優しく自転車の乗り方を教えてあげ、おしゃれな喫茶店に案内し「ここのコーヒーは美味しいんじゃ」と、安子にどんどん新しい世界を見せていく稔。

安子をまっすぐ見つめ「僕は、いつか雉真の製品を欧米と取引できるようにしたいんじゃ。そのためにも英語は勉強しとかにゃあ」と自分の夢を堂々と語る姿には、誠実さがにじみ出ている。

演じる松村は人気アイドルグループ・SixTONESのメンバーで、俳優としても「パーフェクトワールド」(2019年、フジテレビ系)や「10の秘密」(2020年、フジテレビ系)、「レッドアイズ 監視捜査班」(2021年、日本テレビ系)などで存在感を見せている。

連続テレビ小説は今回が初出演。ヒロインが憧れる好青年・稔役でお茶の間人気も一気に拡大の様相だ。視聴者からも「さわやか!」「稔さんいい男すぎる…これは好きになるよ」「稔さん推しになりました」「知らない世界を教えてくれる稔さん、最高!」と注目を集めている。

約半年間で100年の物語を描くという「カムカムエヴリバディ」。その始まりの物語で安子と稔がどういう関係を結んでいくのか興味は尽きない。