なにわ男子・道枝駿佑とSnow Man・目黒蓮がW主演を務める、ドラマ「消えた初恋」(毎週土曜夜11:30-0:00、テレビ朝日系)の第5話が、11月6日(土)に放送される。

同ドラマは、現在「別冊マーガレット」(集英社)で連載中の同名漫画(原作:ひねくれ渡/作画:アルコ)を実写化。クラスメートの橋下さん(福本莉子)に片思い中の男子高校生・青木(道枝)が、ひょんな出来事から、硬派な井田(目黒)と三角関係に。青木の親友・あっくん(鈴木仁)を巻き込み、勘違いが勘違いを呼ぶ、意外過ぎる展開が話題の異色のラブコメディーとなっている。

これまでの放送では、あっくんの半ば強制的な仲裁により、青木は井田に、消しゴムに書かれていた名前のせいで、“青木の好きな人は井田”というふうに見えてしまった事実を説明。誤解は解消した一方で、なぜか青木の心はモヤモヤしたままだった。また、そう告げられた井田の心にもわだかまりが残る。

一方、そんな青木を心配する橋下さんは、いろいろ勘違いしていることに気付かないあっくんと言い争いになり、思わずビンタしてしまう。そこでようやく青木の本当の気持ちを知ったあっくん。

あっくんは青木に対して素直に謝るが、「いいよ、あっくんの反応が普通だと思うし。普通にやべぇって思うでしょ、おれが井田のことそう思ってたら」と、どこか諦めたような表情を浮かべる青木。

しかし、あっくんは「じゃあ、その普通が間違ってるだろ」と一蹴。青木の気持ちを受け入れ、励ました。さらに、「あらためて井田に『本当は好き』って言いにいこうぜ」と背中を押す。

■注目の第5話では――

ついに、井田(目黒蓮)への恋心を認めた青木(道枝駿佑)は、親友のあっくん(鈴木仁)に背中を押され、林間学校の旅先で告白する決意を固める。

林間学校がスタートし、なんとか話し掛ける機会をうかがう青木だが、バレー部の仲間たちに囲まれてワイワイと楽しそうな井田には、まったく隙がなくガックリ。

一方、橋下さん(福本莉子)も、女子に気軽に声を掛けて楽しんでいるあっくんの姿を目の当たりにして、少しイライラモードに…。

そうこうしているうちに、代々“恋が始まるマジックトラベル”と語り継がれていた林間学校の実状が、恋のマジックどころではないことが発覚。夕食の食材を自分たちで確保しなければならないという地獄のオリエンテーリングがスタートする。

虫が苦手な青木と、体力がなく方向音痴な橋下さんは、早々に落ちこぼれてしまう。2人は、自分たちとは逆に、やすやすと食材を手に入れた井田とあっくんの頼もしい姿に思わずときめいてしまい――。

という物語が描かれる。

公式ホームページなどの予告動画には、まな板に乗せられたニンジンを見つめながら「せっかくの林間学校がこんな思い出なんて」とヘコむ青木や、「オリエンテーリングとかほんと苦手」と地図を広げ嘆く橋下さんの姿が。

一方、山の急斜面を互いをかばうように抱き合いながら転げ落ちる青木と井田や、青木に抱き着かれて戸惑う井田、夜の山中で「なんだよ話って」と近づいてくる井田に「す…」と言いよどむ青木、至近距離で青木を見つめる井田、転げ落ちぐったりした井田のそばで叫ぶ青木。そして「本気なのは十分伝わってるから」ともはやおなじみとなった“井田ポン”を繰り広げる井田の姿などが描かれている。

第5話放送を前に、「もうさぁ距離感」「キュンキュンしすぎて倒れそう」「井田ポン何回くるんだよ!」「井田ポンさく裂してる」「井田って罪なヤツ…」「青木の恋が実りますように」「青木くん、がんばれ!」「青春すぎて本当に苦しい…」「最初から最後までウルウルしっぱなし」「早く次が見たい!」と、オンエア前からSNS上などで話題となっている。

「消えた初恋」第5話は、11月6日(土)夜11:30よりテレビ朝日系で放送。