吉高由里子が主演を務める金曜ドラマ「最愛」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第4話が、11月5日(金)に放送される。このたび、同作に出演中の佐久間由衣にインタビューを実施。初の刑事役に挑戦している佐久間に、現場の雰囲気や共演者の印象などについて語ってもらった。

同作は、金曜ドラマ「アンナチュラル」(2018年)や「MIU404」(2020年)を生み出してきたプロデューサー・新井順子氏と演出・塚原あゆ子氏、そして2人とは金曜ドラマ「夜行観覧車」(2013年)、「リバース」(2017年、4作全てTBS系)でタッグを組んだ脚本家の奥寺佐渡子氏と清水友佳子氏が手掛ける完全オリジナル作。

殺人事件の重要参考人となった実業家・梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・大輝(松下洸平)、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬(井浦新)の三人を中心に、15年前の失踪事件から現在の連続殺人事件へとつながる謎に迫るサスペンスラブストーリーだ。

佐久間は、大輝とコンビを組み殺人事件を追う刑事・桑子こと桑田仁美を演じている。

――オファーを受けた時の心境はいかがでしたか?

私自身、塚原さんが監督を務めている作品をよく拝見していたので、お話をいただいたときは信じられないくらいうれしかったです。それと同時にサスペンスの作品なので、周りの方々に置いていかれないように、しっかりついていきたいなと思いました。

――今回演じる役柄について、演出を担当している塚原さんとはどのような会話をしましたか?

撮影が始まる前に髪型の相談をしたのですが、その際に役柄についても話す機会がありました。その中で塚原さんから「“ドラマに出てくる女性刑事といえばこういうイメージ”っていうのがある程度あると思うんだけど、そういうものに縛られずに自由にやってほしい」と言っていただいたんです。

女性刑事だからといって向上心むき出しで“男前”というわけではなく、でも決してか弱いわけでもない、その“中間”を目指したくて。きっとそういう“間の人”っていっぱいいるはずなんです。なので、桑子を演じながら “自分らしい女性刑事像”を見つけていきたいなと思っています。

■上司役の津田健次郎は“すごくチャーミングでユーモア溢れる方”

――今作では松下洸平さん演じる大輝とコンビを組んでいるという役どころですが、現場での松下さんの印象はいかがですか?

松下さんはテレビなどで拝見していて、優しくて、穏やかで、一緒にいる人たちを緊張させないような空気感をまとっていて、実際にお会いしたらすごく面白い一面もあって(笑)。現場を笑わせて、盛り上げてくださるんです。

――撮影の合間時間で松下さんに演技の相談はされますか?

今回共演シーンが一番多いのが松下さんなので、たくさん相談に乗っていただいています。監督も含めて「このせりふってこういう意味ですかね?」とか「どうやったら思いが伝わりますかね?」とか、そういった細かい部分まで相談に乗ってもらっていて、とても頼もしくて、尊敬できる先輩だなと思っています。

――上司役で出演されている津田健次郎さんの印象はいかがでしょうか?

刑事という役柄だと聞いた時に、きっと難しい用語のせりふがいっぱい出てくるだろうなと思っておびえていたんですけど、その役割が全部津田さんに回っていて(笑)。

でも、そんな難しいせりふをしびれるようなすてきな声でおっしゃっているので、一緒にお芝居をしながら「すてきだな」と思っています。それに、津田さんはすごくチャーミングで、ユーモアに溢れている方なんです。見ていて癒やされるような空気感をまとっている方だなと思います。

――今作はサスペンスですが、現場の雰囲気はいかがですか?

とても和やかです。ですが、皆さんそれぞれのアイデアをディスカッションされている時間が多くて、置いていかれないように必死です。

前クールで出演していた「彼女はキレイだった」(フジテレビ系)では、出演者に同世代が多いからこそ刺激し合って、みんなで楽しく切磋琢磨して頑張っていこうっていう空気感だったんですけど、今回は俳優の先輩たちにしがみついていって、いろんなことを学びたいなという気持ちで現場にいます。

――「彼女はキレイだった」で共演したメンバーと今もやりとりはされているんですか?

はい。特に共演シーンの多かった3人(中島健人、小芝風花、赤楚衛二)は「最愛」を見てくれていて、その都度感想を送ってくれるので「もっと頑張ろう!」と思っています。

■ポイントは大量に用意された“アイテム”

――劇中の掛け合いにはアドリブもあるとお伺いしているのですが、ご自身で出したアイデアが採用された場面などはありますか?

今回、塚原さんがアイテムを用意してくださって(笑)。リップクリームや、ハンドクリーム、日焼け止め、虫よけなどのアイテムを桑子にいっぱい用意してくださっているんです。そのアイテムたちを作品の邪魔にならない範囲で使っていけたらいいなと思って。松下さんにハンドクリームを付けるっていうくだりは決まっていたわけではないんです。

――劇中ですごくナチュラルにハンドクリームを渡していたので、アドリブなのかと気になっておりました(笑)。こういう女子っていますよね。

いますよね! 「欲しい」って言っていないのに付けてくる人っているんですよね(笑)。

――松下さんにハンドクリームを渡したときはいきなり付けてみたんですか?

はい、いきなりやってみました(笑)。そうしたら松下さんがすごくナチュラルな反応をしてくださって。「何これ」って言われて「ハンドクリームです」って返したら「ベタベタすんなあ」って言ってくださいました(笑)。

――シリアスなシーンが多いドラマの中で、津田さんと佐久間さんのやりとりは少しほっこりできるシーンだと思います。今後どうしていくかというお話は津田さんとされていますか?

そうですね、この作品の中で唯一ほっこりできるのは山尾刑事(津田)と桑子のやりとりだよねという話を聞きました。なので現場でも常に“何かないかな”と探すようにしています。

きっと作品の後半は物語がシリアスになっていくと思うのですが、桑子は自由度を失わずに、桑子なりに事件に関わっていくようにしたいなと思っています。何かない限りは(笑)。死んだりしたらどうしよう(笑)。

■普段は“姉御的存在”ではなく、“心配される側”

――今回、演じる桑田仁美は若い警察官たちから頼りにされている“姉御的存在”ですが、佐久間さんご自身は周囲の方に頼りにされるタイプですか?

どちらかというと、“心配される側”ですね。私3人きょうだいの長女なのに、きょうだいからも両親からも心配されて育ってきたんです。周りの友人もしっかりしている子が多くて、いつも落ち込んだときは背中を押してもらうことが多いですね。

――主演の吉高由里子さんとの共演シーンもありましたが、実際にお会いしていかがでしたか?

本当に現場で太陽みたいな存在です。周りの皆さんを照らしてくれる明るさを持っている方だなと感じます。

でも、“真田梨央”というキャラクターになった瞬間は見ていて鳥肌が立ちますし、ミステリアスな雰囲気に見とれてしまいます。いつも切り替えがすごいなと思っています。

――合間時間にお話はされましたか?

はい、いろんなお話をさせていただいています。私はカレーが大好きなんですけど、吉高さんにお薦めのカレー屋さんを教えていただいて、先日一人で食べに行ったことを昨日報告しました(笑)。

――最後に、読者に向けてメッセージをお願いします。

私自身もこれからどうなっていくのかというのが全く分からない中で、楽しみながら撮影しております。見ている皆さんも考察を楽しみながら見てくださっているという声を聞いていますが、これからもっといろんな事件が起きていくので、楽しんでいただきたいと思います。

“桑子”としては、今後、梨央、大輝、加瀬のトライアングルにぐいっと足を踏み入れるような瞬間もあったりするので、そういった部分も含めて見守っていただけたらうれしいです。

■佐久間由衣プロフィール
さくま・ゆい=1995年3月10日生まれ。女優。TBS系金曜ドラマ「最愛」に桑田仁美役で出演中。主演映画「君は永遠にそいつらより若い」(吉野竜平監督)上映中。ファースト写真集「佐久間由衣写真集 SONNET 奥山由之撮影」(11月4日発売)。