新川優愛が放送中の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)に出演することが明らかになった。なお、新川が連続テレビ小説に出演するのは初めてとなる。

同作は、昭和・平成・令和の時代を、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代の女性の物語。戦争で夫と死に別れ、娘を置いてアメリカに渡るしかなかった祖母・安子を上白石萌音、親と英語を憎みつつも、ジャズソングに救われて自分の人生を切り開いた母・るいを深津絵里、そして、時代劇の世界に憧れながらも、回り道を経てラジオ英語講座に自分の居場所を見つけた娘・ひなたを川栄李奈が演じる。

同作で新川が演じるのは、川栄演じる3代目ヒロイン・ひなたの同級生・藤井小夜子(ふじい・さよこ) 役。お嬢さん育ちで子どものころから英語にピアノ、習字を習っているおしとやかな優等生で、大学進学を考えており、将来は先生になることを決めている、という役どころだ。

なお、今回明らかになったのはひなたに大きな影響を与える個性豊かな人物を演じる出演者11名。新川の他、松重豊、安達祐実、本郷奏多らも出演することが明らかになっている。
■新川優愛 コメント

歴史ある、そして毎作品注目されている連続テレビ小説に参加させていただくことは、とても光栄であり、身の引き締まる思いです。

三部作構成による時代の変化やその中で生きる人々の思いや葛藤がていねいに描かれている今作で、ひなたの人生に友人として関われることがとてもうれしいです。

衣装合わせの際、川栄さん、三浦さんとお話しさせていただき、お二人の人柄にひかれ、今から撮影現場に参加させていただくのが楽しみです。