窪田正孝が主演を務める「ラジエーションハウスII 〜放射線科の診断レポート〜」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第6話が11月8日(月)に放送される。同ドラマは、現在「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックが原作で、2019年4月期に放送された「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」の続編。

窪田演じる天才放射線技師・五十嵐唯織ら、医学界のルールや型にはまらない方法で病の原因を探り“視えない病”を見つけだす診断放射線技師たちの奮闘を描く。

また、前シリーズからの続投で、唯織がずっと思いを寄せる放射線科医・甘春杏役を本田翼、新人の頃はミスばかりだが、持ち前の努力で成長を遂げた若手放射線技師・広瀬裕乃役を広瀬アリス、脳のMRI検査が得意で、いじられキャラの中堅放射線技師・軒下吾郎役を浜野謙太が務める。

ほか、丸山智己、矢野聖人、山口紗弥加、遠藤憲一、鈴木伸之、浅野和之、和久井映見らも続投。さらに、唯織らが働く甘春総合病院の新院長で、病院の“合理化”を第一に考える灰島将人を高嶋政宏が演じる。

■第6話のあらすじ

杏(本田翼)を巡る唯織(窪田正孝)と辻村(鈴木伸之)の静かなバトルが続いていた。ある日、辻村は、唯織の目の前で杏を誘い、一緒にランチに出掛ける。すると灰島(高嶋政宏)から、至急戻るよう連絡が入る。辻村が、医療過誤で訴えられたのだ。

同じ頃、ラジエーションハウスでは、田中(八嶋智人)が男性患者のMRI検査を行っていた。その様子を見ていた軒下(浜野謙太)は、自分が撮り直すといって患者・武藤健(片寄涼太)の許可をもらい、再検査を行う。実は、辻村を医療過誤で訴えたのは、この武藤という弁護士だった。武藤は。精密検査を受けるという形で甘春総合病院に入り込み、スタッフの仕事ぶりや設備をチェックしていた。

武藤は、辻村が重大な病気を見逃した、とだけ告げると、思い当たることがあったら連絡してほしいとラジハメンバーたちに頼む。エリートである医師は過ちを認めず、保身のためには隠ぺいにも手を染めるものだと決めつける武藤。

ラジハメンバーの元を訪れたのも、地位や名誉とは無縁のスタッフならば本当のことを話してくれると信じているからだという。自分たちを見下すような武藤の発言に不快感を抱く裕乃(広瀬アリス)やたまき(山口紗弥加)たち。そんな武藤には、医師たちを敵視するある理由があった。

――という物語が描かれる。

公式ホームページや第5話の終わりに流れた予告では、スーツ姿の武藤が「彼の起こした医療過誤について調べています」と唯織らに話す様子や、辻村の「本当に申し訳ありません」という声とともに、辻村が頭を下げるシーンが。さらに、「仲間と力を合わせ」というテロップが表示され、武藤に立ち向かうため、ラジハメンバーが動き出すシーンも映し出されている。

「ラジエーションハウスII」第6話は11月8日(月)夜9:00よりフジテレビ系で放送。

※高嶋政宏の高は「はしご高」が正式表記