映像クリエイター・丸山健志が初長編映画の監督を務めた映画「スパゲティコード・ラブ」が 11月26日(金)より全国公開。

■新進気鋭のクリエイターが初監督を務める
本作は、乃木坂46「インフルエンサー」やMONDO GROSSO「ラビリンスVo.満島ひかり」などのMVや数々のCMなどのアーバンでスタイリッシュな映像美が評価されている丸山健志が監督を務め、今を生きる私たちを肯定する物語としてフードデリバリー配達員、シンガーソングライター、広告クリエイター、カメラマンなど東京でもがく13人の若者たちの日常を描いた群像劇。
「スパゲティコード」とは解読困難なほど複雑に絡み合ったプログラミングコードの意味であり、その言葉と同様にこんがらがった彼らのドラマは複雑に絡み合い、やがて思いもよらぬエンディングへと辿り着く。

■出演者もフレッシュな顔ぶれ
出演は倉悠貴、三浦透子、清水尋也、八木莉可子、ゆりやんレトリィバァ、土村芳ら多彩なキャストが揃い踏み。

そんな中、本作で指原莉乃プロデュースのアイドルグループ≠ME (ノットイコールミー)のメンバー5 人の映画初出演が決定、さらに、作品内で演じるアイドルグループ 「U+P(ユートピー)」 としての挿入歌を担当するとも発表された。

■メンバー5人は作品内でもアイドルグループ「U+P」として出演
今回出演が決まったのは、指原莉乃がプロデュースを手掛ける 12 人組アイドルグループ≠MEより、冨田菜々風、蟹沢萌子、河口夏音、川中子奈月心、鈴木瞳美の 5 人。5人は本作で映画デビューを果たし、劇中では、倉悠貴演じるフードデリバリー配達員の羽田天が大好きなアイドル「U+P(ユートピー)」として登場、ダンスなどを披露している。中でも冨田は物語の鍵となる重要な如月さらら役を好演している。

■物語のキーワードをタイトルに冠した新曲も
この5 名が歌唱する≠ME のユニット曲「誰もいない森の奥で一本の木が倒れたら音はするか?」が挿入歌として起用されている。≠ME の楽曲が映画に起用されるのは初。ちなみにこの曲で≠MEのタイトルの長さの史上最長を記録した。
さらにこの楽曲は、2021 年 11 月 10 日(水)に発売される≠ME の 2nd シングル「まほろばアスタリスク」のカップリング曲として“ノイミー盤”に収録されることがわかった。冨田が「今までの≠ME に無い楽曲」と話す曲が、物語をどう彩ってくれるのかも注目。

■如月さらら役・冨田菜々風 コメント
初めての映画出演ということで、とてもドキドキしました。普段自分のお仕事である“アイドル”という同じ立場の役柄でしたので、この役を頂いたときはとても親近感が湧きました。初めての演技、どんなふうに動いたら自然な演技になるかなどもたくさん考えたり、いつもと違うお仕事にかなり緊張しましたが、とても素敵な経験をさせて頂きました。
≠ME のメンバーとも一緒に撮影するシーンがあったので、すごく心強かったです。今回 このようなご縁があり、憧れていた演じるお仕事に挑戦することができてとても嬉しかったです。
この映画を通して今までとは違う私の一面も知っていただけたらうれしいなと思います。どうぞ公開をお楽しみに!
■≠ME とは
指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ。読み方は、ノットイコールミー。通称ノイミー。「=LOVE(イコールラブ)」の姉妹グループとして誕生し、「今までとは違う自分をみんなに経験してほしい」という由来でグループ名がつけられた。