米倉涼子主演「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第5話が11月11日(木)に放送される。その放送に先駆け、予告動画と先行カットが公開された。

同ドラマは、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む大門未知子(米倉)の姿を描いたシリーズ。2年ぶりの新作となる第7弾では、100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、未知子が新たな戦いへと身を投じる。

前シリーズから出演する内田有紀、勝村政信、岸部一徳、西田敏行、今田美桜らに加え、今シリーズでは未知子と対立する新キャラクターとして、野村萬斎、小籔千豊、杉田かおる、要潤、永野宗典らが出演する。

さらに、研修医役に宮本茉由、一ノ瀬颯、上川周作、そして西田が演じる蛭間の秘書役に結城モエら若手俳優たちも集結し、盛り上げる。

第5話のゲストには、松下奈緒が登場。松下は愛想はすこぶる悪いが、腕は超一流のフリーランス看護師・那須田灯を演じる。

■フリーランスの看護師が登場!…第5話のあらすじ
内科と外科を統一した「メディカルソリューション本部」を立ち上げ、医療体制を一新した「東帝大学病院」。本部長の座に就いた蜂須賀隆太郎(野村萬斎)は内科治療の優先、ならびに外科手術については自らの息がかかった外科医・興梠広(要潤)を中心に行うことを、高らかに宣言する。

そんな中、愛想はすこぶる悪いが、腕は超一流のフリーランス看護師・那須田灯(松下奈緒)が、「東帝大学病院」に雇われることになった。灯はさっそく、興梠が執刀医を務める記者・五木和男(井上肇)の直腸がん手術で、オペ看を担当。興梠の指示を待つことなく、次々と的確な機器を差し出す。ところが、そんな灯に憤慨した興梠はナースステーションに連絡を入れ、今すぐオペ看をチェンジするよう要求。応対した看護師・大間正子(今田美桜)は、慌てて手術室へ向かう。

やがて手術は終了。ところが翌日、五木が激しい腹痛を訴え、再手術が必要な状態に落ちってしまう。オペに何か問題があったと考えた大門未知子(米倉涼子)は、急いで原因を突き止めようとする。ところが、存在するはずのオペの録画データは、なぜか消失していた。未知子は灯を捕まえ、途中でオペ看を外された理由を尋ねるが、灯はただただ無愛想に口をつぐむ。

さらに、事態はとんでもない方向へと転ぶ。未知子に問い詰められた興梠が、手術ミスをしたのは正子だと主張し始めたのだ。一方、灯もなぜかこの一件に対して無関心な態度を固持。依然として何も語ろうとしない。

■未知子と灯、息の合った姿も公開!

公式ホームページで見ることができる予告動画では、フリーランスの看護師・灯(松下奈緒)が「フリーランスの看護師です」「それはオペ看の仕事ではございません」「5時なのでお先に」というせりふとともにテキパキと無駄なく動く姿や愛想がない灯に対し、未知子(米倉涼子)が「相変わらず感じ悪い」と変顔を決めるシーンなどが公開されている。

また「甘いね。医者なんて信用しちゃだめ」と言い放つなど、灯が医者に対して不信感を抱えているようなシーンでは視聴者に「フリーランスの医師VSフリーランスの看護師なのか」と未知子と灯の対立を予感させている。一方で、誰かに何かを言われ、「フリーランスです」と同時に言い返すシーンや同じタイミングで帰宅している姿などもあり、「あれ?意外と仲良し?」「息ぴったりすぎる」という声も上がった。

さらに、興梠(要潤)が手術のミスを正子(今田美桜)のせいだと主張したことで、正子がクビを宣言されてしまうという事態に。いつも真面目に仕事と向き合ってきた正子に突然訪れたピンチ。「私、クビになりました…」という切ない表情とせりふに「許すまじ!興梠ー!」「正子…!うそでしょ?」「クビにならないで…」「私まで切ないよ…正子ぉぉぉぉ」と心配する視聴者が続出した。