11月10日にアイドルグループ・≠ME(ノットイコールミー)が2ndシングル「まほろばアスタリスク」をリリース。同楽曲はグループ初の失恋ソングで、7月に発売した1stシングル「君はこの夏、恋をする」に続き、プロデューサーの指原莉乃が作詞を担当。センターポジションも前作に引き続き冨田菜々風が務めている。

WEBザテレビジョンでは、≠MEの鈴木瞳美、谷崎早耶、冨田、永田詩央里にインタビュー。4人がそろって切ないと語る今作の歌詞やMV撮影の様子をはじめ、タイトルの「まほろば」と「アスタリスク」という単語にちなんだことなどを聞いた。

■鈴木「失恋ソングだからこそ雨がすごくいい“味”になっています」

――早速ですが2ndシングルの「まほろばアスタリスク」、どんな楽曲になっているんでしょうか。

冨田:今回の楽曲はグループ初の失恋ソングで、“星(=アスタリスク)”と“恋心”を重ね合わせたような楽曲になっています。すごく切なくて、私たち自身もパフォーマンスするときに切ない気持ちになったりもするので、聴いてくれる方もきっといろんな気持ちになるんじゃないかなって思います。

――今回の歌詞で“ここが好き!”というところはありますか?

谷崎:印象的だなって思うのは、ラスサビの「あの子を好きな君が好きだ」っていう歌詞です。すごく切なくてはかなくて、片思いの恋心がこの2行の歌詞にギュッと詰まってるなって思います。

永田:私は最初の3行です。「ときめきぶつかり星ができました」っていう歌詞で最初にちょっとワクワクした気持ちになるんですけど、その後が「星座になれない 孤独な星」と続いて、この先どんな曲になるんだろう?って思わせてその先が気になるような、そんないきなり切なくなっちゃうようなところが好きです。

鈴木:この曲の歌詞全部が好きといいますか、どれもすごく切ない気持ちになって、ところどころに心がきゅっとなるような歌詞が入っているので、どれか1カ所っていうのは本当に難しいですね。

例えば、「君の幸せは近くにある私じゃない」とか、「きっと交わらない 君と私の星」とか、「好きだよなんて言えない」とか、それこそ「あの子を好きな君が好きだ 星屑に混ざって想っている」っていうところとか。

全ての歌詞が切なくてダンスも歌詞に沿った振り付けが多いので、パフォーマンスするときにすごく気持ちが入るといいますか、切ない気持ちにもなりつつ、この恋を応援したいなって思いにもなる。そんな楽曲です。

冨田:私がすごくグッときたのは、「好きだよなんて言えないアスタリスク 誰にも気付かれないように」っていうラスサビ前の歌詞なんですけど、同じような気持ちを抱えた方は結構たくさんいるんじゃないかなと思って。

「好きだよなんて言えない」って…すごく切なくて! この言葉自体がすごくストレートなので、パフォーマンスするときにストレートに伝わるように、いろいろ考えながら歌ってみています。

――既にパフォーマンスはファンの方たちの前で披露していますが、反響はいかがでしたか?

谷崎:ノイミーにとって初めての失恋ソング、新しい形の楽曲ということでどういう反応かなってちょっぴりドキドキ不安な気持ちもあったんですけど、ファンの方たちは「大好き!」とか「神曲!」とかたくさん言ってくださりました。

ツアーで初披露させていただいた時はMVが流れて、その後にこの衣装を着た私たちが実際に登場して、その時の皆さんのどよめきとかはすごくて忘れられないですし、たくさん「良かったよ」って言っていただけてすごくほっとしたというか、うれしかったです。

――今作は星がテーマの楽曲ということで夜のシーンなどが多かったと思うんですが、MV撮影はいかがでしたか?

鈴木:ノイミーって結構走るシーンを撮影していただくことが多くて、今回も12人で走っているシーンがあるんですけど、その時にMV撮影で初めて雨が降っていたので、どうなるんだろうって不安がありました。今まで晴れの中でした撮影したことがなかったので、「どんなMVになるんだろう?」って。

でも、失恋ソングだからこそ雨がすごくいい“味”になっていて、仕上がりを見た時に「雨でよかったんじゃないかな」って思いましたし、夜のダンスシーンの撮影はちょうど雨が止んでくれたので、本当にほっとしました。

谷崎:タイトルがアスタリスクということで、鈴木瞳美ちゃんと櫻井ももちゃんと川中子奈月心ちゃんと撮影したシーンは、実際の天文台で撮影させていただきました。

私自身すごく夜景や星が好きで、天文台もいつか行ってみたいなって興味があったので、実際にこの楽曲ですっごい天文台に行けてうれしかったですし、セットも本当にかわいかったので細かいところまで見ていただけたらなって思います。

鈴木:望遠鏡がすっごく大きくて、多分私たち2人分以上の大きさだったと思います。のぞいたりはできなかったんですけど、これで夜空を見たら一体何が見えるんだろうってくらいの大きさで、またチャンスがあったらのぞいてみたいなって思いました。

谷崎:星の本とか星図とかもたくさん置いてあって。

鈴木:英語の本ばかりだったので読めなかったんですけど(笑)、虫眼鏡で星図を見るシーンを2人で撮影した時は、「これは何の星なんだろう?」って2人で指をさしながら話したりして、すごく楽しく撮影させてもらいました。

――今作はType Bのカップリングに永田さんのセンター曲「ワタシアクセント」も収録されていますが、こちらはどんな楽曲でしょうか。

永田:この楽曲は本当にカッコいい世界観で、振り付けもすごく凝っています。低音が鳴り響くようなカッコいい間奏があるんですけど、そこでメンバー何人かが前に出てきてソロダンスを踊ったりするところもあって、この1曲で1つのショーを見ているような感覚になれると思います。

この楽曲の世界観をみんなで作っていけるように頑張りますし、みんなのすごくすてきな歌声も楽しめる魅力的な楽曲になってますので、ぜひたくさんの方に聞いていただきたいです!

――話は少し変わりますが、=LOVE、≠MEに続く第3のグループのメンバー募集も発表されました。お姉さんグループになる心境はいかがですか?

冨田:びっくりしましたね。

鈴木:=LOVEさんも私たちができるって聞いた時に不安な気持ちがあったりしたのかもしれないですけど、私たちから見る=LOVEさんって本当にすごいんですよ。輝きもすごくて、力強くもあって、「ミュージックステーション」にも出演されてましたし、本当に全てにおいて憧れでしかなくて。

私たちに妹ちゃんができるってなったときに、=LOVEさんくらい私たちが最強にならないといけないなって思うと、今のままじゃダメだな、もっともっと頑張らなくちゃいけないなって。そういう気持ちが今は一番大きいですね。

永田:私たちノイミーができたときに、先輩のイコラブさんはすごく私たちにやさしく接してくださったんですけど、今自分が実際にその立場になって、それってすごく難しいことだなって思います。

ひぃちゃんが言ったように、私たちも妹グループができたときに尊敬されるくらいすてきな姉、先輩として接することができるくらい余裕が持てるように、グループとしても成長したいなって思います。

■永田「アイドル界のみうらじゅんさんを目指しています」

タイトルにちなんで、こんな質問も――。

――「まほろば」は「素晴らしい場所」という意味ですが、皆さんにとって「まほろば」はどんな所ですか?

谷崎:私はお菓子を食べることがすごく好きなので、スーパーのお菓子コーナーです(笑)。中でも駄菓子コーナーが特設されてるスーパーだとテンションが上がるし、いっぱい買ってしまうんですが、「このお菓子、おうち帰ったら食べよう」って考えると心が落ち着きます。

小学生の時とかに比べたらいっぱい買えるようになりましたし(笑)。水あめがすごく好きで、コーラ味の水あめがあるんですけど、それがめちゃめちゃおいしくて大好きです。

鈴木:全然すごい所じゃないから先に言っとこうかな…えっと、自分の部屋です(笑)。一番落ち着く場所というか心が休まる場所で、何か嫌なことがあっても自分の部屋に帰ればホッとすると言いますか。

あと、猫を飼っているんですけど、猫って本当に幸せそうな顔で寝てるんですよ。その顔を横で見てるだけで幸せな気持ちになれるし落ち着くので、自分のおうちが一番好きです(笑)。

永田:私は広い本屋さんです。にぎやかな所に長時間いるのがあまり得意ではないんですけど、本屋さんって本好きな方がいっぱいいたり、どこを見ても本があって、落ち着いた環境で好きなものがたくさんあるので。その中で自分が読みたい本を探したり、床を見たりするのがすごい好きで…。

鈴木、谷崎、冨田:床!?

永田:結構お店によっては凝ったりしてるんですよ(笑)。1人でじっくりその場所に浸るのが好きなので、一番居やすい場所かなって思います。

冨田:私はやっぱり実家ですね。ずっと生活してきた場所ですし、何もしなくてもご飯が出てくる、お風呂が沸いてる、掃除もしてくれる(笑)。上京してこんなにも大変なんだなって気付いたのと、お母さんってこんなにすごいんだって思いました。

鈴木:誰も「ステージです!」とか言わなかったけど大丈夫かな?(笑)

谷崎、冨田、永田:(笑)。

――同じくタイトルに入っている“アスタリスク=星”にちなんで、皆さんにとっての“スター”を教えてもらえますか?

鈴木:私はノイミーができる前から=LOVEさんがすごく大好きで、その時から大谷映美里さんのファンをさせていただいておりまして、ライブも観に行かせていただいたりしていたんですけど、存在が女神様なんですよ。

それはノイミーに入る前も入った後も変わらなくて、むしろ入った後ってプライベートな部分も見えるじゃないですか。それでも「やっぱりみりにゃさんは女神様なんだなあ」って感じることが多くて。

話し方とかも中身も本当にすてきですし、考え方とかみんなから愛されるところとかも私はすてきだなって感じるので、“スター”というか“女神様”というか、それくらい輝いてる方だなって思います。

谷崎:私はアイドルに憧れてこの世界に入ったんですけど、元々大阪に夜行バスで遠征したりするくらいNMB48さんが大好きだったんです。中でも渡辺美優紀さんがすごく憧れでした。

王道のアイドルで本当にかわいらしいんですけど、ダンスがバキバキでカッコ良かったり、バラエティーになるとすごく面白かったり、かわいいだけじゃなくていろんな一面を持っている本当にすてきなアイドルで、今でもずっとずっと憧れです。

永田:他のアイドルで憧れの方もいるんですけど、私はアイドル界のみうらじゅんさんを目指しているので、みうらじゅんさんです。ちゃんと調べ始めたのは最近なんですけど、みうらじゅんさんっていろんな肩書きを持ってらっしゃる方で、「ゆるキャラ」とか「マイブーム」とかいろんな言葉を作り出した方でもあったりして。

誰もまだ手を付けていない新たなものを自分で見つけて、それを突き詰めて有名になったりされている方なので、私もまだアイドルがやっていない唯一無二のことをやってみたり、私にしかない魅力をみうらじゅんさんのように出せるようになりたいなって思っているので、今の私のスターはみうらじゅんさんです。

冨田:同じ“みうら”さんなんですけど(笑)、私は三浦大知さんです。三浦大知さんって歌もダンスもすごくて、何時間歌って踊っても多分ずっと完璧だと思うんですよ。ノイミーは12人いるんですけど、三浦大知さんが12人になったらもう最強じゃないですか(笑)。だから、そこを目指して頑張りたいなって。

あと私は鹿児島出身で、鹿児島のスターといえば柏木由紀さんかなって思うので、私も「鹿児島のスターといえば冨田菜々風」って言ってもらえるように頑張りたいと思います。