11月7日深夜の「乃木坂工事中」(テレビ東京系)では、メンバーが講師になり、自分だけが興味のある狭いジャンルの知識を披露する「コレなら語れるグランプリ2021」の後半戦が行われた。

中でも秋元真夏は「今一番知ってほしいのが齋藤飛鳥」と題し、齋藤の取り扱い説明書「まだ誰も知らない“齋藤飛鳥”講座」をプレゼン。

秋元は「飛鳥のトリセツ 1. 話し掛けると喜ぶ」に、「人が好き」「一緒に写真を撮りましょう」「絡まれるのも好き」を挙げ、「飛鳥のトリセツ 2. 褒めると喜ぶ」に「声を掛けられるのが好き」「とにかく褒める」「クシャって笑った顔、可愛くて大好きです」他、「飛鳥のトリセツ 3. モノをあげると喜ぶ」に「何をあげたらいいのか?『コーヒー』『ゆで卵』『干し芋』『さけるチーズ』」と紹介。
最後の「飛鳥のトリセツ 4. 悩んだときは飛鳥に相談」では、「これはですね、私の実体験なんですけど、キャプテンになって『ちょっとどうしようかな?』って悩んだ時は、飛鳥ちゃんに相談したんですよ」と話し出した。

「やっぱりクールなイメージあるので、そういう相談をしたら『めんどくさいな』って思うのかなって思いつつも、意外とやっぱりちゃんとメンバーのことを見てて、すごく親身になって相談に乗ってくれたりとか、核心のついたことをパッて言ってくれて、『あ、そういうこともあるのか!』みたいな、新しい気付きを与えてくれたりするので。後輩のみんなも『誰に相談しようかな?』みたいな時は、乃木坂46の先頭を走ってる飛鳥ちゃんに聞いてみるといい」と説明。

すると司会の設楽統(バナナマン)が「ちょっとごめんなさい、『コレなら語れるグランプリ』やってんですよね?『悩んだら飛鳥ちゃんに相談してください』って、最終的にどういうことなの?」と秋元に疑問をぶつけた。

すると秋元は「いや『相談できるような子だよ』っていうことを伝えたかったんです。意外とやっぱ、楽屋にいても飛鳥ちゃんに話しかける後輩は少ないので、『ドンドンいっていいんだよ!』っていうのを伝えたい」と説明。設楽も「そういうことを伝えたいってことなんだ」と納得していた。

次回の「乃木坂工事中」は11月14日(日)深夜0:00より、「高山が仕掛けた壮大な『謎』にメンバーとバナナマンが挑戦!」を放送予定。