野島樺乃、モラレスきあら、栗本優音、山崎カノンによる女性ボーカルグループ・et-アンド-のデビューEP(ミニアルバム)『toi et moi(トワエモア)』が11月24日(水)にリリースされる。et-アンド-は2020年に結成され、約1年のレッスンを経て2021年7月に本格始動。これまでデジタルシングル3曲をリリースし、9月からはマンスリーライブを開催するなど、精力的に活動している。メンバー作詞による楽曲も収録される今作について、さらに2021年の振り返りや2022年の展望などについて4人に話を聞いた。

■本当にありがたいくらい忙しくやらせていただいています(モラレス)

――まずは7月に本格始動してから約3カ月(※取材時)ということで、この3カ月を1人ずつ振り返っていただきたいと思います。

モラレス:デジタルシングルを3曲もリリースさせていただいて、今回のミニアルバムも発表させていただいて、非常にぺースが早いというか、本当にありがたいくらい忙しくやらせていただいています。

でも、頑張っているんですけど、時には(そのペースに)追いつかないことがあったりもして。だけど、毎日ホームページをチェックしてくれたりして情報を漏らさないようにしてくれているファンの皆さんがいるので頑張らないとなって思うし、忙しさはありがたいことだし、このペースを落としちゃいけないなって思っています。

野島:デビューした頃に比べるとみんなのチームワークが良くなったなって思います。特に8月は、9月の初めてのワンマンライブに向けて毎日みんなで会って、本当に家にいるよりレッスン場にいる時間の方が長い1カ月でした。

ワンマンを成功させるためにみんなでいろいろ試行錯誤したり意見を言い合ったりして、1カ月丸々こんなに1つのことに集中できるのもなかなかない経験だし、今後もっと忙しくさせてもらえるようになったら、1カ月という時間を掛けられることもなくなるのかなって思うので、そう考えるとすごく絆が深まった、貴重な1カ月だったなって思います。

栗本:私もきあらと一緒で、本当にet-アンド-は勢いがすごいグループだなって思っていて。このコロナ禍で毎月ライブができたり、毎月曲をリリースできたりっていうのは難しいことですし、ありがたいことなので、そういう面で振り返ってみるとやっぱりすごいなと思うし、すごくうれしいです。

山崎:この3カ月間でMVも3本撮影させていただきましたし、ファンの方々も「et-アンド-カッコいいね」とかすごく言ってくださっているので、これからも私たちはどんどん前進していかなきゃいけないなってすごく思った3カ月でした。

――10月のマンスリーライブを取材させていただいたんですが、オリジナル曲以外にEvery Little Thingの「fragile」も披露していたのは、楽曲プロデュースが菊池一仁さんだからというつながりからでしょうか?

モラレス:「fragile」は結成した頃から練習で歌っていた曲なんです。私たちはまだ楽曲数が少ないので、ステージに立つことになってどの曲を入れようかって考えたときに、今まで練習してきた「fragile」を入れようってことになりました。

野島:ワンマンでは菊池さんがアレンジしてくださった私たちなりの「fragile」を歌っているんですけど、バラードって本当に歌を聴かせられるというか、1人1人の個性を分かってもらえるかなと思います。

■ライブでも歌番組の収録でもまだ緊張します(野島)

――では、11月24日(水)リリースのEP『toi et moi』ですが、デジタルリリースされていない3曲のお話から聞いていきたいと思います。まずは「Blue bird」について、この曲の作詞を担当された栗本さんと山崎さん、作詞の感想などを教えてもらえますか。

栗本:この曲で生まれて初めて作詞をしたんですけど、初めてなりにすごく苦戦しました。どういうコンセプトにするかとか、この曲調にどういう言葉が合うんだろうとか、どういう文章の組み合わせがいいんだろうとか。

そういう細かいところまで自分で一から考えなきゃいけないというのは苦労したんですけど、思い通りの言葉が出てきて、それが採用されて自分たちで歌えるって分かったときは、本当に達成感も湧きましたし、うれしかったです。

山崎:私は本当に自分が伝えたいこと、書きたいことを書かせていただいたので、作詞をしている間は夢中になって時間を忘れるくらいで、真剣に、楽しみながら作詞ができたかなって思います。

――お二人の作詞ということで、テーマの擦り合わせみたいなことはされたんですか?

栗本:そういうことはしていなくて。というのも、初めから2人で書くと決まってたんじゃなくて、4人でそれぞれ詞を書いて、いい組み合わせを考えてもらったんです。

――なるほど。次は「BIBIBI」について、この曲は野島さんの作詞曲ですよね。

野島:この曲は菊池さんから「みんなで盛り上がれる曲にしてほしい」と言われたので、ライブで私たちが歌って楽しい曲にしたいなって思ったんですけど、ライブに来てくださってるのはファンの方々なので、会場全体が盛り上がれる曲にしたいなと思って、コール&レスポンスができる曲にしました。

今はコロナ禍なのでファンの方は声を出せないですけど、ファンの方も声を出して盛り上がれるように、サビの中に「LALALALALA」って掛け声を入れたので、またライブで声を出せるようになったら、やっとそのときにこの曲は完成形になるんじゃないかなって思います。

――では、「Matryoshka」についてはモラレスさん、お願いします。

モラレス:「Matryoshka」は独特な異国感のある楽曲です。振り付けも私たちで考えたんですけど、みんなでロシア民謡の動画とかを見て取り入れたりして、異国感を表現しました。

――今作のレコーディングで特に頑張ったと思うことや、苦労したことなどがありましたら教えてください。

栗本:私は「#tokyo」でセリフとハイトーンボイスに初めて挑戦したんですけど、ハイトーンボイスの楽な出し方とか響かせ方をレコーディングのときはまだつかめてなかったので、そのときは結構苦戦しました。

今は練習したり研究したりしてつかんできたんですけど、最初は声が裏返っちゃったりとかも全然あったので、そこは苦労しました。

野島:私は「Newton」なんですけど、この曲は“歌入り”で始まるので、ライブでも歌番組の収録でもまだ緊張します。

レコーディング中は、歌入りも大事だけどそこから壮大な、一筋の光が入るような、聴いている人がぐっと聴き入るような歌いだしにしないといけないなとも思ったし、そういうコンセプトでもあったので、迫力のある歌声をどう表現するか、個人的には苦戦しました。

モラレス:私は「BIBIBI」のラップが、レコーディングで結構苦戦しましたね。あの曲調に合ったラップの仕方というのが難しくて、音源と樺乃の作ってくれた歌詞を合わせるっていうのも一から菊池さんと話し合ったりしました。

樺乃も「サーカスをイメージして書いた」って言ってたんですけど、その部分って結構ワイワイした感じで、なおかつ「悪い感じでやって」って菊池さんに言われて。

なので、「まずは形から」と思ってレコーディング室の照明を暗くしてしゃがみ込んだり(笑)、そういうところにレコーディングではこだわって、長時間ブースにこもってやりました。

山崎:私は「Newton」のレコーディングのとき、「ささやくような落ち着いた声で歌ってほしい」とディレクションを頂いたんですけど、ささやき過ぎると声量が小さくなって聞こえなくなってしまうので、ささやくように歌いながらもちゃんと声が通るようにしなきゃいけないというのは、結構苦戦したところでした。

■同世代に憧れを持ってもらうような存在になりたい(山崎)

――では最後に、少し気が早いような気もしますが、2022年にet-アンド-としてやりたいことをそれぞれお聞きしたいと思います。

栗本:コロナ禍がどうなるか分からないですけど、もし来年ライブでファンの方々が声を出せるようになったら、et-アンド-らしいコール&レスポンスができればいいなと思います。

山崎:et-アンド-は同世代に支持してもらいたいというか、憧れを持ってもらうような存在になりたいと思うので、ファッションイベントのオープニングアクトとか、若い子たちが見てると思うのでやってみたいと思いますね。

モラレス:「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出たい! やっぱり“Mステ”に出るのって大きい夢だと思うんですよ。「2年後に日本武道館」を目標にしてるからには、来年には“Mステ”に出て、他にもテレビとかラジオとかいろいろ出たいなって思います。

野島:あと、全員出身地が違うので、来年はみんなの出身地に行ってライブとかもしたいですね。