杉咲花が主演を務めるドラマ「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第6話が11月10日(水)に放送される。第6話の放送を前に、ユキコ(杉咲)が通う盲学校の同級生・紫村空を演じる田辺桃子と、同じく同級生の青野陽太を演じる細田佳央太のオフィシャルインタビューが公開された。

同ドラマは、外を歩くときは白杖を持ち、光と色がぼんやり分かる程度の弱視の盲学校生・ユキコ(杉咲)と、誰からも恐れられている不良少年・森生(杉野遥亮)によるラブコメディー。原作は、うおやま作の漫画「ヤンキー君と白杖ガール」(KADOKAWA)。勝ち気だが恋には臆病なユキコと、けんかっ早いけれど根は純粋なヤンキー・森生は、不器用ながらも少しずつお互いのことを理解し、惹かれ合っていく。

■「なんだかんだ一緒にいてほしいなとは思っています(笑)」

――これまでの撮影を振り返って、特に印象に残っているシーンはありますか?

田辺:やっぱり盲学校でのシーンがどれも印象的です。第2話で空と青野が話している図書館のシーンや、ユキコを含めた3人でのシーンはリズミカルで本音も混ざっていて、3人それぞれの顔がすごく出ているシーンなので、とても好きですね。

細田:第4話の森生と二人のところですかね。あのシーンが初めて杉野(遥亮)さんとガッツリ絡むところでした。田辺さんと僕はなかなか(盲学校の)外に出ることがないキャラクターなので、外の人たちと触れ合えるというのと、純粋に青野くんが「好き」っていうものの種類を色の種類に例えた、その台詞の内容も僕自身すごく好きで印象的でした。

――空や青野を演じる上で難しかった点や工夫した点はありますか?

田辺:ユキコと青野と3人でいる時に、空だから言えることや、空だから言われて思わず元気が出ちゃう言葉というのがたくさんあるんです。なので、そういったムードメーカーのような要素は取り入れたいなと思って演じています。

細田:一番難しい点は“目”ですね。原作の青野くんは目を閉じて描かれてるので、僕もどうしようかと監督といろいろ話して、開いたままということになりました。ただ、妄想するときであったり、青野くんのペースになったときに、目をつぶったり細めたりしていこうと。開いてる分、どの目線が一番ナチュラルで、見ている人たちに対して違和感がないんだろうというところは、すごく難しいなと思います。

――第6話では、喫茶店メンバーと一緒のシーンがありましたね。

田辺:初めて、やっと(喫茶店に)行けました(笑)! 喫茶店でのシーンは、空にとっても、みんなにとってもすごく重要な場面だったので、大切に演じた分、出演者一人一人のパワーもすごく大きく感じました。見ている方にもその場に一緒にいるような臨場感やパワーが伝わったらいいなと思っています。

細田:前室で待っているときから、みんなでいろんな話をして、すごく楽しかったんですよ! 戸塚(純貴)さんが焼き鳥がすごく好きっていうので、おすすめのお店を教えてくださったりとか。(喫茶店メンバーと)ガッツリ絡むのは初めてだったんですけど、僕らのことをすぐ受け入れて輪の中に入れてくださったので、とてもうれしかったです。

――空はランニングのシーンもたくさん出てきますが、撮影はいかがでしたか?

田辺:ランニングのシーンは原作で読んでいた時にここを映像化できたらいいなと思っていた部分なので、すごく嬉しかったです。伴走者の方と一緒に走るのを練習させてもらったんですけれど、めちゃめちゃ難しくて。コーナーを曲がる時のリズム感などが、ちょっと大変でした。

――青野くんには、新しく花男と草介という友達ができますね。

細田:はい、うれしいです! もちろん赤座さんも紫村さんも大事な友達だと思っていても、たぶん同性の友達と異性の友達って距離感が若干変わったりしますし。青野くんはムッツリなところがあるから、そういう話ができるっていうのも、彼にとってはすごくリラックスしやすいんじゃないかな。僕自身が「青野くんよかったね!」っていう思いです。

――では最後に、今後の空ちゃんと青野くんはどうなると思いますか?

田辺:どうなるんですかね!? 撮影の休み時間に、佳央太くんと話してたんですけど、付き合いそうで付き合わない感じもありそうだし、付き合っても凸凹な感じが想像できるので、それはそれでいいなと思ったりして…どっちでもありだねっていう話になりました(笑)。

個人的には、なんだかんだ一緒にいてほしいなとは思っています(笑)。付き合いはしなくてもずっと一緒にいるみたいな、コンビ感が見てみたいなと思っています。

細田:僕は原作の二人の空気感や距離感が好きで。原作では青野が「紫村さん僕ら結婚する?」って言ったら、「私はまだまだいろんな人と出会いたいよ」「うん、僕も」っていうやりとりがあって、それがすごく好きなんですよ。でも、どういうふうな結果になっても、二人はなんだかんだこのまま変わらない距離感なんだろうなとも思うので。

…僕はじゃあ、くっつかない!という予想にします! 青野くんがどれだけアタックしても、二人はくっつかないんじゃないかと思います(笑)。

■第6話あらすじ

盲学校で開かれるマラソン大会に向け、森生(杉野遥亮)はユキコ(杉咲花)のマラソン練習に付き合うことに。「絆」こと伴走用のロープを握ってノリノリの森生の一方、運動嫌いですぐにサボろうとするユキコ。今まで知らなかったユキコのダメな一面を知り、ますます愛おしく思う森生は、キスのチャンスを伺う。

一方、獅子王(鈴木伸之)と同じジムに通い始めたイズミ(奈緒)も、獅子王を食事に誘おうとチャンスを狙うが、前途多難な予感。

そんな中、ユキコたちは、近くでマラソン練習をしているはずの空(田辺桃子)と合流するため公園へ。しかし、そこには伴走者なしで一人走る空の姿が。しかも空は、森生たちの目の前で放置自転車に激突して転んでしまう。

慌てて助けに向かった森生とユキコに強がってみせる空だが、ユキコは空の声が震えていることが気にかかる。森生は、友達の異変を心配するユキコの力になりたいと考える。

翌日。学校帰りのユキコと空に声をかけた森生は、茜(ファーストサマーウイカ)の喫茶店へ。付近のヤンキーたちに話を聞いた森生は、空が走る道にわざと障害物を置いて、練習を邪魔しようとした悪意ある人物がいるらしいことを突き止めていた。

森生の行動に感謝するユキコだが、唯一の取り柄である“走ること”を諦めたくない空は、森生も「見えない」自分をバカにする「見える」人たちと一緒だと頼ることを拒否し、突然態度を硬くしてしまう。さらに、空の鬱憤は仲裁に入ろうとしたユキコに向かっても爆発する。

空の言葉が刺さった森生は、自分とユキコたちの間には超えられない壁があるのではないか、と苛立つ。そして、親友と恋人、自分にとって大切な二人が分かり合えないことを悲しく思うユキコは、何か自分にできることがないかと考える。