フジテレビの水曜深夜「水曜NEXT!」枠では、11月10日(水)と11月17日(水)に「バチくるオードリー」(10日夜0:25-0:55、17日夜0:35-1:05※関東ローカル)を放送。「ピュアな芸人が作詞したラブソングをプロのミュージシャンが作曲したらバチーンときそう!」などを検証する。

同番組は、オードリーが「これは面白くなりそう」「バチーンときそう」と思うことを実際にやり、面白くなるかを検証していくバラエティー。放送に先駆け、オードリー、ゲストの岩井勇気(ハライチ)からコメントが届いた。

■ピュアな芸人がラブソングを作詞!

10日の放送では、「ピュアな芸人が作詞したラブソングをプロのミュージシャンが作曲したらバチーンときそう!」と題し、ピュア芸人の酒井貴士(ザ・マミィ)とTAIGAの二人が自身の人生を振り返り、本気で作詞したものに、シンガーソングライターの関取花が作曲する。

「今日売れてやるぜ!」とピュア全開で登場したTAIGAは、愛する妻へ7年間もの間結婚に踏み切れなかった謝罪と、感謝の気持ちを詞に込めたことを明かす。また、酒井はトリオを解散して毎日やけ酒を飲んでいた時期に、優しく背中をさすってくれた元彼女へ後悔の思いを紡いだ。

そして、作曲した関取がギターと共に熱唱すると、一同は感動。作詞したピュア芸人だけでなく、なぜか若林正恭(オードリー)も号泣してしまう結果に。

■若林正恭らがとんでもない人生を送る人たちとコンビを組む!

17日放送回では、「とんでもない人生を送っている人とプロのツッコミが漫才したらバチーンときそう!」と題し、井口浩之(ウエストランド)、たける(東京ホテイソン)、そして若林の三人が“プロのツッコミ”として集められ、芸人ではない“ただとんでもない人生を送る人たち”とコンビを組み漫才をすることに。ツッコミの三人は漫才の相手を春日俊彰(オードリー)によるくじ引きで決められ、制限時間30分でネタ合わせをしなければならないという厳しいルールも設けられる。

それぞれの”相方”には、番組が街やSNSで見つけた、“ヒモ生活”13年の男性、愛人20人の元アイドルの女性、そしてギャンブルがやめられない男性が登場。若林は「荷が重い」、井口は「漫才をナメてますか?」と不安を見せる。

■若林正恭のコメント

ちょっと放送を見るまでは手応えが分からない!という種類のことをやっています。とにかく汗をかいて、脳内のアドレナリンがかなり出ていて(笑)。まだそんなに飯もがっつり食ったことがないスタッフなのに、意外と追い込まれています。ひりひりしますが、楽しいですよ。

■春日俊彰のコメント

あんまり経験したことのない企画というか…楽しいですけどね!ワクワクするというか、先が分からないというか。見ている人も楽しいのではないでしょうか。私はバチバチ手応えを感じています(笑)。皆さん、来年の春またお会いしたいですね。レギュラーになるんじゃないかな?

■岩井勇気のコメント

オードリーさんが、こういう番組を始めるというときに、ゲストに呼んでいただきうれしいです。でも、オードリーさんって、まだこんなやったことのないことをやらされる段階にあるんだ!って。自分たちがやりやすい感じじゃなくて(笑)。あまり見たことのないオードリーさんが見られました。