11月11日(木)に放送される「キスマイ超BUSAIKU!?」(毎週木曜夜0:25-0:55、フジテレビ系)は、特別編として、お互いの価値観のズレを楽しみながら会話をしていく話題のゲーム「ito(イト)」に挑戦。「ito」を通じて、Kis-My-Ft2メンバーの価値観や恋愛観を明らかにしていく。スタジオゲストには、滝沢カレンが登場。また、放送に先駆け、メンバーの藤ヶ谷太輔からコメントが届いた。

■Kis-My-Ft2、「キュンとくる男性のしぐさ」「ステキなプロポーズ」を考える!

「ito」は、1から100の数字が書かれたカードを、メンバーが1枚ずつ引き、その数字は最後まで明かさず、出された“お題”に応じて、自分が引いたカードの数字の大きさを「言葉」で表現していくゲーム。メンバーひとりひとりが自分の数字を言葉で表現したあと、滝沢がそれぞれの意図(ito)をくみ取り、数字の小さいほうから完璧に順番に並べられるかというルールの中でトークが繰り広げられる。

最初のお題は「キュンとくる男性のしぐさ」。玉森裕太は「友達などと別れ際に“じゃあね”と言いながら…」行う顔の変化についてコメントし、宮田俊哉は「駐車場で駐車券をくわえ…」と男性がよく行うであろう行動を提示する。

一方で千賀健永が、女性を呼ぶときに「名前じゃなくて…」と、あるワードを出すと、滝沢は「えー!めっちゃ嫌だ!」とドン引き。また、藤ヶ谷が提示した行動については、「なにそれ、マジで嫌だー(笑)」とさらに嫌悪感を示すが、横尾渉の回答には、メンバーも納得し、滝沢も満足げな様子を見せる。しかし、全体的な感想を求められた滝沢は「ほとんどキュンとしないものが多くて…」と笑ってしまう。

また、「ステキなプロポーズ」というお題では、滝沢自身が考える理想のプロポーズも明かされるが、メンバーにはピンときていないようで、それぞれの意図(ito)をくみ取ってもらえるのかどうか、全員が不安になる。

■藤ヶ谷太輔のコメント

滝沢カレンさんが久々にゲストとして来てくださり、盛り上がりました! スタジオも華やかになりました。「ito」の面白いところがふんだんに出ていましたね。

僕は、結構低い数字を引くことが多いので、分かりやすいように「これは数字が低いよ」ということを含ませて発表していました。でも、同じように数字が近いメンバーもいて(笑)。そこも新鮮で面白いところなんです。どういう結末になるのか? も含めてぜひぜひご覧いただければと思います!