11月10日、都内にて映画「老後の資金がありません!」大ヒット御礼舞台あいさつが行われ、天海祐希、柴田理恵、佐々木健介、北斗晶が登壇。ブラックの衣装で登場した天海は「皆さんお元気ですか〜?」と会場に呼びかけつつ、「皆さんの元気な顔を見られてとても幸せ。感無量です」と顔をほころばせた。

柴田は「満杯のお客さん、なんてありがたいんだと思います。本当にうれしいです!」と話し、初めて舞台あいさつに立ったという佐々木、北斗夫妻は「まさか天海さんと柴田さんと一緒に出て来られるなんてね! ありがたい限りです」とコメントした。

さらに、公開後の周囲の反応を問われた北斗が「『(劇中に出てくる)松金餃子、売り出さないんですか?』と言われました」と笑いながら報告すると、天海は「あれ、美味しかったですよ」とノリノリ。柴田も「出せばいいじゃん!」と乗り気な様子で、北斗は「スタッフの皆さん、お願いします!」と呼びかけた。

また、劇中で柴田演じる神田サツキと“ヨガ仲間”を演じた天海が、現場での柴田について「壁も作らずオープンでフレンドリーでいてくださったので、気を遣わずにお友達として接することができました」と明かすと、柴田は「いやいや、天海さん自体がそうなんですよ」と告白。

「前にバラエティ番組で共演した後、プライベートで見に行った芝居の場に天海さんもいらして。『この間はありがとうございました!』と言ったら、手招きされて『あめあげる』っていきなりあめをくれたんですよ。いきなりあめをくれる壁の無さ!」と、柴田から気さくな一面を明かされた天海は、照れくさそうに笑った。

■佐々木&北斗「カラオケボックスデビューしました!」

撮影中に結婚25周年を迎えたという佐々木と北斗に話が及ぶと、会場は溢れんばかりの拍手に包まれた。北斗は「ありがとうございます」と感謝を伝えつつ、「図々しいけれど、25周年の記念に映画に出してもらえたねと後々話ができるだろうと二人で言っていました」とうれしそうに報告した。

さらに、「映画の中で歌うシーンがあったので、その練習のために初めて二人きりでカラオケボックスへ行きました」と25年目にして初めての経験をしたことを告白。「こういう夫婦の楽しみ方もあるんだなと。この映画のおかげで体験させてもらいました」と笑顔を見せた。

最後に天海が「何回見ても楽しんでいただける作品だと思います。ご夫婦や親子、お友達とお話するきっかけにこの映画を使っていただけたらうれしいです」とコメントし、イベントを締めくくった。