11月10日放送の「TOKIOカケル」(毎週水曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)には、11月12日(金)にCDデビューを控えた“なにわ男子”(西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也)が登場。

関西ジャニーズJr.から7年ぶりにデビューする“なにわ男子”。“関西出身ジャニーズ”の頂点にいる城島茂(1994年デビュー)に対し、西畑は「僕たちからすると役員のような…(存在)」と表現すると、松岡昌宏から「じゃあ、もう現役(のアイドル)じゃないってこと?」とツッコまれ、「いやいやいや、今でもこうやって関西弁を使ってらっしゃるところを見て、僕たちも尊敬しないといけないなと思って」と大慌てでフォロー。

すると大橋が「最近新たにすごいなって思うところがあって、“DASH島”でロケさせてもらったときに、空港集合やったんですよ。そのときに城島さんが来たんですけども、僕分からなくて。『おはようございます!』って(あいさつして)、プロデューサーさんだと思ったんですよ。後から聞いたら、城島さんだったんですよ」と、勘違いのエピソードを明かす。

これに対して松岡が「バカにしすぎだよ!(笑)」と指摘すると、大橋は慌てながら「違います違います! ほんとに、オーラの消し方がすごいなと思って! ホンマに分かんなかったんですよ」と、城島の“オーラの消し方”への驚きを語った。そして最後は、国分太一が“役員のような存在”という城島への印象にかけて、「(後輩に気付かれないような)そんな役員いる?」とツッコミを入れ、笑いを誘っていた。

次回の「TOKIOカケル」は、11月17日(水)夜11:00より、ゲストに岡村隆史(ナインティナイン)を迎えて放送予定。