11月12日に放送される「ミュージックステーション2時間スペシャル」(夜8:00-9:48、テレビ朝日系)。同番組に出演するなにわ男子からコメントが届いた。なにわ男子は、同日、「初心LOVE(うぶらぶ)」でCDデビュー。プロデューサーである関ジャニ∞大倉忠義が考案した、東京タワーをバックにした演出でデビュー曲を披露する。

■CDデビュー直後のなにわ男子が「初心LOVE」を披露
「前回は関西ジャニーズJr.としての『初心LOVE』でしたが、今回はCDデビュー直後のなにわ男子ということで一番フレッシュな『初心LOVE』になるのではないかと思います」と前回、番組に出演したときのことを振り返る西畑大吾。

高橋恭平も「前回は緊張で表情とかガチガチでした。それはそれでウブな感じでよかったんですけど、今回はまた一皮むけた『初心LOVE』をお届けしたいです」と意気込む。

道枝駿佑も「前回はマイクに手汗がつくくらいガチガチでした(笑)」と振り返り、「デビュー当日にデビュー曲をMステさんでやらせていただけるなんてめったにないので、しっかり頑張ります!」と力強く語った。

■関ジャニ∞大倉忠義は「本当に頼れる優しい先輩」
今回のステージを演出する大倉については、「前回『初心LOVE』を披露したときも来てくださっていたのですが、曲中の“ねぇ今もだよ”のところはカッコよすぎず可愛すぎずナチュラルな感じで、とアドバイスをくださいました」と道枝。

長尾謙杜は「いつも的確なアドバイスをくださり、僕たちに親身になって考えてくださったり、お忙しいのにも関わらず僕たちの現場に足を運んでくださって、良いプロデューサーでもありながら本当に頼れる優しい先輩です」とコメント。

大橋和也は「喋っていて途中で寝られたことがありますが、お忙しくてお疲れだったんだと思います(笑)。いつも仕事はもちろん、プライベートでも親身になって話を聞いてくださいます」と全幅の信頼を寄せていることを明かした。

■メンバーともアイコンタクトをとりながらパフォーマンスしたい
デビュー曲について大橋は「『初心LOVE』の見どころはキャッチーなダンス! 老若男女問わず踊れるダンスなので、皆さんと一緒に踊りたいです」と呼びかけ、大西流星は「耳に残りやすいリズムと、テンポの変化が面白い楽曲。今回は柔らかい表情でメンバーともアイコンタクトをとりながらパフォーマンスしたいと思います」と話す。

藤原丈一郎は「デビュー曲は、僕たちにとっても新たなスタート! この曲を聴いて1人でも多くの人の踏み出す一歩の支えになればいいなと思います」とアピールした。