2021年にデビュー30周年を迎えた古坂大魔王が、11月12日にYouTubeで生配信されたオリジナル番組「“新化!”ローソン『マチカフェ』研究所」にMCとして出演。ゲストのローソン デリカ・FF部の吉岡圭太氏と猿田彦珈琲 代表取締役の大塚朝之氏と共に、10周年を迎えてリニューアルしたローソンのコーヒーサービス「マチカフェ」の魅力や、現在のコーヒーユーザーの流行などについてトークを繰り広げた。

番組が始まると、古坂は「今日は事前にピコ太郎から、ぜひ頑張ってくれと電報をもらってきました!」と、10月にローソンの「パリチキ」のアンバサダーにピコ太郎が就任したことについて触れ、「ローソンさんにはうちのピコもお世話になってます、ということで、今日はツーステップを踏みながらここまで徒歩でやってまいりました!」と言って会場の笑いを誘った。

そして、新しくなった入れたての「マチカフェ」ホットコーヒーを試飲した古坂は、「本当にフルーティー! すごいスッキリしてますね。コーヒーって普通、舌の奥に苦みが強めに残るじゃないですか。それがかなり爽やかで、全然すぐまた飲めちゃいます!」とコメント。

さらに、フタの飲み口を開けると真ん中に穴が空く仕組みの“香りフタ”については「ちょうど飲むと鼻が当たるところに香りが届くんですね、面白い!」と高評価。大塚氏が「僕もずるいフタだなって思ってました…」と漏らすと、「これ特許まだですか? 先に名前書いちゃえばいいんじゃないですか?」と会場を沸かせた。