米倉涼子主演「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第6話が11月18日(木)に放送される。その放送に先駆け、予告動画と先行カットが公開された。

同ドラマは、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む大門未知子(米倉)の姿を描いたシリーズ。2年ぶりの新作となる第7弾では、100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、未知子が新たな戦いへと身を投じる。

前シリーズから出演する内田有紀、勝村政信、岸部一徳、西田敏行、今田美桜らに加え、今シリーズでは未知子と対立する新キャラクターとして、野村萬斎、小籔千豊、杉田かおる、要潤、永野宗典らが出演する。

さらに、研修医役に宮本茉由、一ノ瀬颯、上川周作、そして西田が演じる蛭間の秘書役に結城モエら若手俳優たちも集結し、盛り上げる。

第6話では第1シリーズから「ドクターX」に寄り添ってきた鈴木浩介演じる外科医・原守が登場。ファンからも、盟友・加地(勝村)からも存在を必要とされてきた男・原が帰ってくる。

■原守がフリーランスの医師に?…第6話のあらすじ

中国一のITグループ会長を父に持つ9歳の御曹司・王弥六(吉田隼)が、小児肝腫瘍の手術を受けるため来日し、「東帝大学病院」に入院した。大門未知子(米倉涼子)と同院の外科リーダー・加地秀樹(勝村政信)は、さっそく執刀医に立候補。

ところが、院長代理の蛭間重勝(西田敏行)はあっさり却下し、すでに決まっているという執刀医を紹介する。その人物は、未知子も加地もよく知る元「東帝大学病院」の外科医・原守(鈴木浩介)だった。なんでも、未知子が所属する「神原名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)が、弥六と原をセットで「東帝大学病院」に斡旋したのだという。

しかも、原はかつて「東帝大学病院」をクビになった後、フリーランスに転向。ここ1年は中国の病院で働いていたが、このたび晶にスカウトされて「名医紹介所」に所属することになったと明かす。

未知子は、師匠である晶が自分に内緒で原をスカウトし、執刀医として売り込んだことに憤慨。原に“名医”と呼べる腕はないと食ってかかる。しかし晶は、「名医は腕だけが武器ではない」と断言。失敗しない外科医としてまい進する未知子に対し、「いつか失敗しちゃうわよ」と言い放つ。 

一方、“患者の心に寄り添う医療”を目指しながら、組織にもしっかり寄り添ってきた原も、どういうわけか今では豹変。“御意仲間”だった加地にも冷たい態度を取り、「これからはフリーランスの時代だ」と豪語する。

そんな中、原はオペの助手に未知子を指名。ところが、未知子は「いたしません」とはねのけ、独断で弥六の検査を敢行。その結果、原はもちろん、あの未知子ですらも手術を成功させるのが難しい病状だと判明する。

■フリーランスVSフリーランス再び?

公式ホームページで見ることができる予告動画では、「群れを好んで『御意』が口癖だけの医師は卒業したんです」と言い放つ原(鈴木浩介)やその原を加地(勝村政信)が「あいつ、どうしちゃったんだよ…」と心配する姿などが公開された。

原の再登場に「待ってましたー!」「おかえりなさい!」と歓喜するファンがいる一方で、第5話の「フリーランスの医師と看護師の究極対決」があったように、原と未知子による「『フリーランス対決』が再び起こるのでは?」と期待する声も。


また、未知子に内緒で怪しい動きを取る晶が未知子に「いつか失敗しちゃうわよ」と“絶縁宣言”のような言葉を告げるシーンや「大門未知子はもう不要ですね」と誰かに電話をする姿に「え?どうゆうこと?」「絶縁宣言だと…!大丈夫だよね?」「晶さん怪しすぎるよーー!」と二人の絆を心配する視聴者が続出した。