11月27日(土)に放送される土曜プレミアム「ドラフトコント2021」(夜9:00-11:10、フジテレビ系)は将来、伝説的な番組になるのかもしれない。選ばれし5人のキャプテンがドラフト会議を行い、バラエティに富んだ精鋭・ドラフト候補芸人20人から希望メンバーを指名。競合が起きればクジ引きで獲得権を争い最終的にキャプテン含め5人チームを編成し、ユニットコントで競い合う。キャプテンの運の強弱、メンバーの食い合わせ次第でネタに大きな影響が出るという実力以外の要素が勝敗を左右するのが画期的だ。ドラフト会議で爆笑しコントでさらに盛り上がれるこの番組の見どころを、5人のキャプテンに語ってもらった。第2回は5人のキャプテンの中で唯一、これまでも今回もネタ作りをしないという春日俊彰(オードリー)が登場!

――収録を終えてどんな感想を持ちましたか?

単純に5人でコントをやる、ということではないんでね。「ドラフトがすべてだな」と私、思いましたね。プロ野球がそうであるように、チームに必要な人材、足りない人材を獲得するのがドラフトなわけで。

私はネタを一切書きませんが、それすらドラフト次第でどうにでもなるんです。競合しちゃってくじ引きになって当初思い描いていたメンバーと多少違いましたけど、でも春日が認める、春日が好きな芸人が集まった、そういう感じになりました。

――楽しかったこと、やり残したことはありますか?

ドラフトを終えた時点で「もう終わってもいいかな」と。もうコントはやらなくてもいいんじゃないかと(笑)。ドラフトで見えたんでね、結末が。

――今回の収録を経て、改めて感じたコントの難しさはありますか?

私はそもそもコントをやらないので。吉本の芸人さんはね、芸人同士の距離が近いし劇場があるんでコンビでもユニットでも普段からコントをやれるんですよ。でも僕にはないんですよ、コントをやる機会が。だから、どうなるんだろうっていう不安はありました。番組でいただいた台本でやるのとはわけが違うので。でも、みんなでなんだかんだと言いながら作っていくというのは非常に楽しかったですね。

そのネタ作りや練習期間を一緒に過ごすということも含めてドラフト指名をしたので。練習中もね楽しいというか、いい意味で緊張しないというか…センス系の芸人さんとかコンテストで優勝してる芸人さんは、私ちょっと緊張するんで(笑)。そういうメンバーは指名していないので、私に対してフレンドリーというか、いい意味でなめられながら過ごせました。

――来年、第2回が行われたら、挑戦したいことはありますか?

2021と番組に明記している以上、2022、2023もあるんだろうなと。あったら楽しいな、と。今回、ドラフトにかけられていない芸人がたくさんいますからね。オンエアを観て「自分も出たい」と感じる芸人もたくさんいると思うんですよ。小峠さんと収録中に「これ、普通に観ててもおもしろいよね」なんて話をしてました。

芸人として自分が出演していなくてもテレビで観ちゃうような、夢中になっちゃうような番組なので。たくさんいるでしょうね、次はドラフトにかけられたいという芸人が。私は来年もキャプテンとして出たいですね。そしてまた今回と同じようなチームを作りたいですね。