IMYの山崎育三郎、尾上松也、城田優、仲里依紗、峯岸みなみ、ミッツ・マングローブ、小倉優子、ギャル曽根、満島真之介が、11月17日(水)放送の「突然ですが占ってもいいですか?2時間SP」(夜9:00-10:48、フジテレビ系)にゲスト出演。

占い師の星ひとみがIMYの3人と仲、シウマが峯岸、ミッツ、村野弘味が小倉、ギャル曽根を占う。満島は木下レオンともに、京都の金運神社を紹介する。

IMYの山崎、尾上、城田を、生年月日や姓名判断などさまざまな要素を混ぜ合わせた天星術で占っていく星は、まず城田の性格・本質から占っていく。「たまにKYになりがち」とズバッと言われた城田は「(KYの星)入ってますよね」と納得の苦笑い。

続いて、星は山崎を見ていくと、12歳のときに地元の同級生と“山崎軍団”を作っていたことが発覚。初めて聞いた松也と城田も「ホントに!?」と驚きの表情に。

次に、星は松也を占う。「“エロス線”スゴっ!」と言われた松也は大爆笑。続いて3人の恋愛運を見ていくと、城田は「ぬくもりを感じて寝るのが好き」と言われる。また、婚期をピンポイントで言われた城田と松也は「え〜!?」と目を見合わせ驚きの表情を浮かべる。

さらに3人の俳優人生を占っていく星。「難しそうだなという方に行きたがる性格」だと口にする山崎が“演劇”への熱い思いを語る。そして、「30歳までに結果を残せなかったら歌舞伎含めて役者という職業を一切辞めようと決めていました」という松也が当時抱えていた状況や葛藤を吐露する。


次に占われるのは、仲里依紗。星は、仲の左手の手相を見て開口一番「お金遣い荒いね」と一言。仲は「え〜なんでわかるんですか…?(買いまくったものが家に)山盛り〜」と苦笑い。

星に性格・本質を占われた仲は「人生ノリ(で生きています)」と言い切るが、星が「でも本当は“ガラスの瓶”タイプの性格」と真逆の占いを導く。また、恋愛観について占われた仲は「私、既読無視の常習犯なんですよ」とカミングアウト。結婚8年を迎えた夫との相性についても星がズバリと占う。


続いて占われるのは、タレントの峯岸とミッツの大親友の2人。琉球風水、姓名判断、九星気学、そして身の回りの数字から運気を判断し開運に導くオリジナル占術・数意学で占う沖縄県出身の琉球風水志のシウマが、携帯電話下4桁の合計数字から、「(運気の)切り替わりのタイミングなんですよ」とミッツに一言。すると、収録3日前に衝撃的な出来事が勃発していたことが判明する。

また、健康運についてシウマが占うと、「今日一番いいこと聞いた」とミッツは大満足の様子を見せる。

続いては峯岸。峯岸の過去・転機についてシウマが「20〜21歳辺りで運気が下がっていたのでは?」と占うと、峯岸が当時の状況や葛藤、入院経験などを口にする。そして、峯岸がいま気になっている結婚運について話が及ぶ。

「私、結婚うまくいきます?」と峯岸がシウマに直球質問。シウマは峯岸の“ある性格”がネックになるという。また、峯岸は、まわりのニーズと自分の思いの乖離(かいり)に悩んでいたことや今現在の仕事への思いなどを語る。