窪田正孝が主演を務める「ラジエーションハウスII 〜放射線科の診断レポート〜」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第7話が11月15日に放送された。杏(本田翼)の父親・正一(佐戸井けん太)にすい臓がんが見つかり、杏や唯織(窪田)がショックを受けたが、威能圭役の丸山智己がブログで公開したオフショットの3人は弾けるような笑顔を見せ、撮影現場には穏やかな空気が流れているようだ。(以下、ネタバレが含まれます)




同ドラマは、2019年4月期に放送された「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」の続編で、唯織ら放射線技師たちが、医学界のルールや型にはまらない方法で病の原因を探り“視えない病”を見つけだしていく物語。

第7話では、愛想の良くない放射線技師・悠木(矢野聖人)が腰の痛みに襲われた。そのことで医師からの温かい声掛けのありがたみや、病室で相部屋になった若きがん患者・陽一(戸塚純貴)から限りある人生の残り時間などを学び、あらゆる考えを改め直す姿が描かれた。

杏にとっては、父・正一のがん発覚というつらい展開が待っていた。正一は積極的な治療は行わず、最後まで医師として生きることを諦めたくないと主張。父の強い思いを感じた杏は、正一の意志を尊重する決意を固めた。唯織は正一から「杏のこと、よろしく頼んだよ」という言葉をもらい、今後も杏を熱く、好きでいることを胸に誓ったのである。

■威能役の丸山智己が3人の良い表情を捉えた

唯織と杏にとって、正一の病気は胸が詰まるような事実と直面した形だが、撮影現場の様子は、とても良い雰囲気のままのようだ。ラジエーションハウス内の放射線技師・威能圭役で出演中の丸山は、11月15日、自身のアメーバオフィシャルブログを更新。丸山がフィルムカメラで収めた窪田と本田、佐戸井の3ショット写真を公開した。

この投稿にファンからは「自然な良い笑顔ですね」「ラジエーションスタッフの仲間たちが仲良しで、こんな職場で働きたい」「正一先生、さすが冷静なご判断で、カッコ良かったです」などのコメントが寄せられている。

次週、第8話は11月22日(月)夜9:00より放送。裕乃(広瀬アリス)が鏡に映る自分の頭皮に10円玉大に毛が抜けている部分を発見し、ショックを受ける。そんな裕乃のもとへ、高校時代の担任だった熊田(おかやまはじめ)がやってきて、裕乃に母校での講演会を依頼する。

ほどなく、裕乃は熊田が連れてきた女子高校生・乃愛(吉川愛)の検査を担当。唯織は乃愛に「妊娠している可能性はないかな?」と尋ね、乃愛を怒らせてしまう。