“見えそうで見えない”投稿が「あざとい」と話題のインスタグラマー、うれしのちゃんこと嬉野ゆみが、自身初の写真集「嬉野ゆみ1st写真集 うれしのちゃん」(KADOKAWA)を発売した。これまでグラビアのオファーは断ってきたという嬉野ゆみだが、今作では男性ファンを満足させるべく、水着・下着・手ブラと積極的にチャレンジ。見えそうで見えない「あざとい」を超えたうれしのちゃんに、今作の魅力とこれまでの軌跡を聞いた。

■“加工”していたInstagramとは別に「素の自分も出していく必要がある」

――1st写真集の発売おめでとうございます。嬉野さんはInstagramの“あざとい”投稿で人気が高まっていますが、その実感はいつ頃から感じるようになりましたか?

2年前に本格的にInstagramを使い始めて、実感が出だしたのは1年前くらいですね。お茶をしていたら「うれしのちゃんですか?」と話し掛けられたりするようになりました。でも、Instagramには加工した写真を投稿していたので、素の自分を出したくないという思いもあって、テレビなどのオファーは断っていたんです。今回の写真集を機に、今後はいろいろと活動の幅を広げていきたいなと考えています。

――表に出てもいいと考えるようになったのは何ででしょうか?

今後は、YouTubeなどの動画が主流になってくると思うんです。動画も加工をすることはできますが、写真と比べると限界がある。だから、どこかのタイミングで素の自分も出していく必要があると考えるようになりました。とはいえ、なかなか勇気が出なかったんです。そんな時に今回、写真集のお声をいただいたので、ありがたい機会と思って、「自分に自信をつけたい」という意味もあって決めました。

――写真集が、SNSから外に出ていくきっかけになったんですね。そもそもInstagramを始める前はどんなことをしていたのでしょうか?

2015年の冬くらいにインフルエンサーマーケティングを始めて、企業のSNS運用とかの裏方をやっていました。その後、たまたま友達に撮ってもらってInstagramに載せた写真がバズったんです。それまでは月に1回投稿するかしないかくらいだったんですが、バズったのがうれしくて、意識的にInstagram用の写真を撮るようになりました。

もともと分析することが好きだったので、どういう写真にたくさんいいねがつく、とかを考えながら投稿を続けていたら、徐々にいいね数やフォロワー数が伸びてきました。それでいろいろとオファーが来るようになったんですが、加工して投稿している写真は普段の自分とは違うから「出られないな」と思っていたんです。

――では投稿がバズるまでは、ご自身のグラビア的な需要は意識していなかったんですね。

全然していませんでした。メークや服にも興味がなかったので、自分でも何でなんだろう?って。不思議です。Instagramの投稿を始めるまでは、今よりも12kgくらい太っていたと思います。でも、その時も自分では太っているとは思ってなかったんですよね。写真を上げた時に「鎖骨ないね」ってコメントされたのを見て「あぁ、ないんだ」って気付きました(笑)。

■2022年は拠点を海外へ! 新しいポジションのインフルエンサー目指す

――現時点で、今後はどういう活動をしようと思っていますか?

来年、海外に拠点を移す予定で、日本と海外を行ったり来たりしながら活動していこうかなと思っています。まだ正式に発表はしていないんですが、インフルエンサーとしての新しい目標もできたので「世界のうれしのちゃん」みたいな、新しいポジションのインフルエンサーを目指して頑張りたいです。

――裏方をされていた頃からはご自身でも想像のつかない展開なのでは?

たしかに変わってきましたね。でも、もともと「影響力を持ちたい」という思いは根本的にあったんです。学生のときに起業をしたんですが、それも「影響力を持つには会社を持たないとダメ」という使命感のようなものがあったんですよね。

「インフルエンサー」という言葉がはやりだした時期に、ゆうこす(菅本裕子)ちゃんやラファエルさんを見て「個人の影響力を軸にしていく時代なんだ」と思ったんです。それで会社を売って、自分もやれるところまでやってみよう、と。

――そんな中での写真集のオファーは、ある意味ビジネスチャンスでもあったかと思いますが、水着や下着など体を見せることに抵抗はなかったんでしょうか?

「やるならやらないと」みたいな感じでした(笑)。Instagramでは水着姿を出したこともなかったので、お金を出して写真集を買っていただくなら、Instagramと同じ内容だったらつまらないし、だったら思い切ってやろうと思ったんです。最初で最後のつもりだったので、手ブラやTバックにも挑戦しました。

――手ブラは現地で撮影している時にカメラマンから「やってみる?」と言われたんですか?

手ブラは、気付いたらしていたんです。やる予定もなかったですし、カメラマンさんからやってとも言われなかったです。

――気付いたら…そんなことあるんですか?(笑)

むしろ「見えているから」とか言って止められていましたね(笑)。気合いが入りすぎました。そのくらい楽しくて、開放的になっていたのかもしれないです。すごくアットホームな感じの雰囲気を作ってくださったから。

■攻めすぎて「あざとい」から「あざとさのその先へ」にコンセプト変更

――今回、長谷川万射さんが友情出演されています。どういった関係ですか?

もともと8年くらい前からの友達なんです。当時、万射ちゃんはモデルで歌手で、私の憧れ的な存在でした。そのときは絶対に無理だと思っていましたが、「いつか二人で撮影したいな」という思いがありました。それで、久々に再会したときに「私、今こんな活動しているんだよ」と言ったら応援してくれたので、実現しました。

――ちなみに、あざとく写るコツを教えていただけますか?

実は今回、あざといのその先を行き過ぎちゃって、あんまりあざとくないんですよね。

――あざといを極めるとあざとくなくなる…?

(笑)。最初はたしかに「あざとい」をテーマに撮影するつもりだったんですけど、攻めすぎたので急きょ「あざとさのその先へ」にコンセプトを変えたんです。だから普段、Instagramで出しているようなあざといとは違う感じなんです。

――ありがとうございました。それでは最後にファンの方へメッセージをお願いします。

今回の写真集では、今まで出してなかった自分がたくさん入っています。今までInstagramでは想像してもらっていた部分を見せてしまっているので、想像より良かったり悪かったりするかもしれませんが、私の覚悟を温かい目で見てほしいなと思います。

これからは積極的にメディアに出ていくような活動もしたいと思っていますし、世界でも活動できるような経験値もつけていきたいと思っています。ただ私の原点はInstagramなので、これからもファンの皆さんのコメントは毎日チェックするようにしますし、これからも楽しく交流したいと思っています。

写真集を発売することで「遠い存在になっちゃった」というコメントも多くいただきましたが、そんなことはないので、これからも仲良く見守ってもらえたらうれしいです!

◆取材・文=山田健史