江口のりこ演じる電子書籍を手掛けるベンチャー企業・スリースターブックスの社長・氷河衛(ひょうが・まもる)の波乱の半生を描く『SUPER RICH』(毎週木曜夜10:00〜フジテレビ系)。11月11日放送の5話からスリースターブックスの新たな仲間として参戦しているのが、注目の若手俳優・結木滉星。

演じる城戸密(きど・ひそか)は、新人アルバイトだが、プレゼン先の社内事情を冷静に見極める観察眼を持つ優秀な役どころ。事業拡大のためにグローバル化を目標とするスリースターブックスにとって、重要な戦力となりそうなハイスペックなキャラクターだ。高い能力で社員をサポートする城戸が加わったことで、より一層めまぐるしさが増してきた『SUPER RICH』。「今のチームに影響を与える役どころなので、ドラマのアクセントになるように努めたい」と意気込む結木に直撃インタビュー!

■城戸密は「あまりにハイスペック」

――5話から新入りアルバイトとしてスリースターブックスの仲間に加わる城戸密を演じていますが、どんな役どころと捉えていますか。

実際に話すシーンはないのですが、城戸はフランス語とタガログ語を話せるトリリンガルというハイスペックな青年です。その“デキる感”を出すために衣装さんと相談して、眼鏡をかけて、髪の毛もいじりすぎないでナチュラルな感じにしています。城戸は、仕事ができるし、明るくて接しやすいので、スリースターブックスの皆さんからもすぐに信頼してもらえて受け入れてもらっているのかなと思います。

――城戸を演じるにあたって大切にしていることはありますか。

スリースターブックスの皆さんはもちろん視聴者の皆さんにも「こんなアルバイトの人がいいな」と思ってもらえるように初々しくに見えるようにお芝居しています。真面目だけど、すごく気さくで物腰も柔らかいですし、笑顔を見せる場面も多いんです。でも、あまりにハイスペックなので、「なぜスリースターブックスにアルバイトに入ってきたんだろう」って周りから不思議がられるんですよね。名前が密(ひそか)だけに、謎だらけの人物です(笑)。

■「お2人ともめちゃくちゃカッコイイです!」

――城戸とご自身の共通する部分はどんなところでしょうか。

城戸は観察眼鋭い役で周りにも気を遣える人。自分では観察眼鋭いかは分からないですが、僕も周りはよく見るようにしているので、そこでしょうか。

――5話から参戦ですが、共演者の皆さんとはすぐに溶け込めましたか。クランクインの日から江口のりこさんが「結木くんは何歳なの?」と気さくに声を掛けて下さったそうですね。

そうなんです。途中参加なので、皆さんとなじめるのかという心配もありましたけど、江口さんのおかげですぐになじめました。今日長台詞のシーンを撮っていた時、緊張していたら、江口さんに「もう気が抜けているんでしょ!?」と、いじっていただいて。本当にめちゃくちゃいい方です!

――スリースターブックスで一緒に働く春野優役の赤楚衛二さんや宮村空役の町田啓太さんの印象はいかがでしょうか。

僕がスーパー戦隊シリーズに出演していた2018年から2019年と同時期に赤楚くんは仮面ライダーシリーズに出演されていたこともあって、何かとお会いする機会が多かったんです。「あの時はあんなことあったよね」って思い出話で盛り上がりましたね。町田くんは本当に身長が高いし、スタイルがよくて。……なんかミーハーな言い方になっちゃいますけど、お二人ともテレビで見るよりもホントにめちゃくちゃカッコイイです!(笑)。

■「それは衛さんも揺れるわ…と思いました(笑)」

――優と空は、衛さんをとり合ってバチバチと恋の火花を散らすシーンもありますけど、恋のトライアングルをどう見ていますか。

僕目線で言いますと、優も空も素敵だから、それは衛さんも揺れるわ……と思いました(笑)。優と空って全然タイプが違いますしね。優は可愛い系男子で空は頼りになる右腕男子。めちゃくちゃうらやましいですよ、衛さんが。あのふたりにとり合われるなんて!(笑)。

――女性目線なんですね(笑)。

あははは。そうですね。すっかり女性目線になっちゃいました(笑)。

――では、衛さんみたいな仕事がバリバリデキる年上の女性をどう思いますか。

かっこいいなと思います。全然アリです、衛さん(笑)。僕も優や空と一緒で相手の女性の年齢は気にしないんで、年上の女性も恋愛対象です。衛を演じていらっしゃる江口さんもサバサバしていてカッコいい女性で。一緒にお話させて頂いて、とても楽しいです。

――共演者の皆さんとのお芝居をする中で、ここは素晴らしいなと刺激を受けたこともたくさんあったんじゃないでしょうか。

僕は本番でどうしても力が入ってしまうんですね。でも、江口さんのお芝居は本当にナチュラル。本番もテスト(リハーサル)と同じテンションでお芝居されるので、すごいです。本当にそこに衛さんがいるなと思いますから。僕もそういうお芝居ができたらいいなと思って、自分の台詞がないところでも皆さんのお芝居を見させてもらいました。この台詞をこういう言い方にしたんだとか、こういうアプローチ方法もあるんだなって、僕だったら思いつかない演技プランの数々ばかりなので本当に勉強になります。

■「僕、ハイスペックなんで!!(笑)」

――撮影現場での裏エピソードはありますか?

僕が書類を町田くんに渡すシーンの時、視界が狭くなっていて、おでこを思い切りガーンとぶつけちゃって。その直後に僕が台詞をしゃべらなきゃいけなかったんですけど、痛々しい台詞の言いまわしになってしまいました(笑)。痛かったけど、現場が和んだので緊張がほぐれてよかったです。でも、もうぶつけてないですよ? 僕、ハイスペックなんで!!(笑)。

――ハイスペックな城戸くんの活躍が楽しみですが、今後のみどころを教えてください。

僕も終盤の台本は読んでいないので、いち視聴者として衛さんをめぐる優と空の恋の行方がどうなるのか楽しみです。毎回、気になる終わり方をするので、続きが早く見たくなっちゃいますよね。城戸としてのみどころは、なぜ城戸がスリースターブックスにアルバイトとして入ってきたのか、動機が明かされると思うので、そこに注目して欲しいです。

■「お芝居してる時間が好き!」

――2021年も11月半ばで、まもなくラストスパートですが、振り返ってみてどんな1年でしたか?

ホントあっという間の1年でした。もう1年の終わりが見えてきて。もう27歳になるんだと思ったら、ビックリ(笑)。今年は『♯コールドゲーム』の木村大輝役で悪役ともいえる二面性のある役が演じられて、やりがいがありました。『SUPER RICH』はオリジナル作品で、モデルがいない役どころだったので、すごく自分次第でいろいろできる役どころでしたし。城戸役は演じていて本当に楽しいです。

――今年やり残したなと思うことはありますか?

僕はサッカーをずっとやっているんですが、コロナ禍の中、なかなか人が集まれなくてできてなかったんですね。オフがあれば、フットサルでいいのでやりたいです。広いコートでボールを思い切り蹴りたい! あと最近、趣味でゴルフを始めたんですよ。道具も一式そろえましたし、打ちっぱなしにも行って練習しているので、コースにまわれたらいいな、と。でも、お芝居している時間が好きなので、そんなに休みはなくていいです!来年も1個でも多く、役を演じるのが目標です。(取材・文=福田恵子)