米倉涼子主演のドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第6話が11月18日に放送された。前シリーズで解雇された外科医・原守(鈴木浩介)の復帰に、喜びに沸いた視聴者。一方で、未知子(米倉)に関するラストの描写に驚きの声が上がっている。(以下、ネタバレがあります)

■人気キャラの原がフリーランス外科医に!?

同作は、フリーランスの外科医・大門未知子が一切の妥協を許さず突き進む姿を描く人気シリーズの第7弾。内田有紀、岸部一徳、勝村政信、西田敏行や前シリーズから仲間入りした今田美桜などおなじみのメンバーに加え、未知子と対立する新キャラクターとして、野村萬斎、小籔千豊、杉田かおる、要潤らが出演する。

これまで蜂須賀(野村)率いるメスを使わないケミカルサージェリーを推進する内科と外科の対立が軸となってきたが、第5話からは内科と外科を統一した「メディカルソリューション本部」が立ち上げられることに。本部長の座に就いた蜂須賀は内科治療の優先、ならびに外科手術については自らの息がかかった外科医・興梠(要)を中心に行うと宣言した。

そんな中、第6話は第1シリーズからのメンバーで、人気キャラクターの外科医・原が登場。前シリーズのラストで東帝大学病院を解雇された原は、その後、中国に渡って技術を学んでいたが、未知子も所属する神原名医紹介所の所長・晶(岸部一徳)にスカウトされ、フリーランスとして戻ってきた。晶が、病を患った中国一のITグループ会長を父に持つ9歳の御曹司・王弥六(吉田隼)と、その執刀医として原をセットで東帝大学病院に売り込んだのだった。

とはいえ、実は、弥六にスーパードクターだと勘違いされ、言い出せなくなって日本に戻れば未知子に協力してもらえると思っていた原。しかし、弥六の病状が未知子ですらもオペを成功させるのが難しい病状だと分かる…という展開となった。

■久しぶりにそろった顔ぶれのオペシーンに「エモすぎる」の声も、不穏なラスト

第4話で加地(勝村)が「原、帰ってこないかなぁ」とつぶやくシーンがあり、視聴者からも復帰を願う声が出ていただけに、SNSには歓喜の声が。そして、容態が急変した弥六のオペを原と加地が行い、その後に未知子が代わって成功させたのだが、フリーランスの麻酔科医・博美(内田有紀)も含めたオペシーンに「初期メンバーでの手術エモすぎるって」「安心感あるメンツだ」「原守先生と加地先生のコンビは良いな〜」といった投稿が上がった。

しかし、ラストでは誰かと電話をしている晶が「これで大門未知子は、もう不要ですね」と言うシーンが描かれた。請求書を受け取ってもらってからの恒例である晶のスキップシーンもなかった。

不穏な様子に視聴者の興味が一気に引き付けられつつ、東帝大学病院の所属に戻ることになった原に加えて、次週予告では第1シリーズと第5シリーズに出演していた森本(田中圭)の姿が映し出され、さらに期待が高まっている。

第7話は11月25日(木)に放送。生まれ変わった東帝大学病院のブランディングを強化するため、蜂須賀が新たな人材をサポート役として呼び寄せた。その人材とは、以前に東帝大学病院でも働いていた外科医・森本。かつて未知子のようになりたいと憧れるも、頼りない男だった森本は、動画配信がバズり、今では医療系インフルエンサーとして多大な影響力を手にしていた。

(文=ザテレビジョンドラマ部)