テレビ番組に精通するライターの前川ヤスタカが、地方番組に注目し、レビューしていく。今回は10月と11月に福島中央テレビで放送された「サクマ&ピース」を取り上げる。

■佐久間宣行とアルコ&ピース平子祐希、地元いわき市を旅する

「マルトには日本一のものなんてないですよ」
「ら・ら・ミュウ、アクアマリン、イオン最強三連コンボですよ」
「ライフフレンドカメソウが我々のファッションシーンを支えていたんで」

地元民でなければわからないスーパーや洋品店の名前がさしたる説明もなく登場するこの会話。福島中央テレビ「サクマ&ピース」の一場面である。

「サクマ&ピース」は10月17日から4週連続で放送された30分×4回の特番で、いずれも福島県いわき市出身のテレビプロデューサー佐久間宣行とアルコ&ピースの平子祐希の二人が、地元いわきを旅する番組だ。

元々アルコ&ピースというコンビ名は酒井と平子の頭文字「酒」と「平」を英語にしたもので(酒→アルコール→アルコ、平→平和→ピース)、今回は平子だけが出演するので、サクマ&ピースというわけである。

そして「サクマ&ピース」の「サクマ」の方、佐久間宣行は「ゴッドタン」「あちこちオードリー」(いずれもテレビ東京)などで知られる元テレビ東京・現フリーのテレビプロデューサー。裏方でありながらメディアに演者として登場することも多く、2年前からは「オールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)でラジオパーソナリティも務めている。

■「サクマ&ピース」実現のきっかけとなった、佐久間P宛のメール

「サクマ&ピース」のオープニングトークやラジオでも裏話が披露されたが、この企画は福島中央テレビから佐久間P宛に一通のメールが届いたところから始まっている。その時点では内容は「地元出身の佐久間Pとアルピー平子がいわき市を街ブラする」のみしか決まっていなかった。総合演出も含め佐久間Pにお任せというような荒っぽいオファーだったようだが、断るだろうと想定していた平子の所属事務所がまさかの快諾で、あれよあれよという間に実現に至ったというのがこの番組成立の経緯だ。

さすがにコンセプトと熱意だけではどうにもならないと考えた佐久間Pは、佐久間・平子両名と関係性が深い構成作家・福田卓也をブレインに据え、ただの街ブラではなく「魅力がありながらそれを発信する力が弱いいわきの人・モノを、より輝かせるようプロデュースする」という方向でまとめ上げた。

東北の玄関口である「勿来(なこそ)」を皮切りに「小名浜」「鹿島街道」「平」と巡るこの旅は、4週にわたって放送されているもののロケはたった1日で行われている。始発で東京から来て終電で帰るまでの10時間でロケを行う強行軍。

佐久間Pゆかりの店でガッツリ「焼きカツ」定食を完食した直後に、日本代表シェフのハンバーグのお店に行くなど、バタバタのスケジュールならではのどうかしてる流れも含め、二人の思い出の場所を中心に約15箇所をまわる盛り沢山の構成であった。

■“いじられ役”を楽しむ佐久間宣行、人生初の食レポも
プロデューサーとしては「鬼才」でも、演者としては「いじられる」のが佐久間Pの魅力だ。裏方から演者になった人は過去何人か思い浮かぶが、演者になっても比較的人をいじったり、自身の考えを押し通したりという人が多かったように思う。それに比べて佐久間Pはラジオなどでもリスナーにバンバンいじられており、この番組でも勝手知ったる構成作家の元、いじられ役を大いに楽しんでいた。

人生初の食レポでは、経験豊富で手練れの平子に圧倒的差をつけられ惨敗。キャラクターの濃いフラダンスの先生の前では腰ミノをつけて踊らされ、学生時代の思い出のアパレル店では高額アロハを買わされる。演者の苦労を身をもって経験する佐久間Pを、普段はいじられ側の平子がいじる構図が微笑ましい。

しかし根っこは鬼才プロデューサー。この番組のコンセプトである「いわきの人・モノを魅力的にプロデュースする」場面ではつい熱が入る。

惣菜大賞日本一となったスーパーマルトのおにぎりについては「知名度を上げるため、東京のテレビ局も食いつく採算度外視の超高級食材おにぎりを作る」、オーナーがドイツで修行したらしいという噂が広まっているものの実は埼玉で修行しただけのバウムクーヘンには「むしろ埼玉修行をアピールした“正直バウムクーヘン”にしてはどうか」など、しっかりと真面目にプロデュースするのはさすが。

こうして様々な人や店を訪ねる二人だが、登場するいわきの人々は意外と予定調和には動かない。段取りガン無視でアグレッシブに前に出てくるフラダンス講師、「直前までドクターストップがかかっていて実はやりたくない」というカラーコーン顎乗せ世界一のパフォーマー、ずっと店をやめたいと思っているが妻が怖くてやめられない創業54年の老舗焼きカツ店の主人など、各地で様々なハプニングが起こる。

当初は地方局の思いつきコンセプトで始まったこの番組だが、さすが鬼才の総合演出、いわきの魅力はしっかりと伝わった。演者の二人も久方ぶりの故郷再発見旅で終始楽しそうだったのが印象的だ。

ひとまず今回4週シリーズが放送され、評判が良ければ第2弾、第3弾もあるかもしれないとのこと。番組で訪れたハワイアンタロットの店での占い結果が本当なら、きっと近いうちにその日は来るだろう。次は同じいわき出身のゴー☆ジャスやあかつがゲストとして合流するのかもと想像しつつ待ちたい。