第109回ザテレビジョン・ドラマアカデミー賞主演女優賞は、「彼女はキレイだった」(フジテレビ系)に中島健人(宗介役)とダブル主演した小芝風花が獲得。助演、主演を通じての初受賞となった。同作は小学生のときに美少女だった愛(小芝)が大人になってから敏腕編集者になった元同級生・宗介(中島健人)と再会し、現在の容姿に自信がないあまりに別人だと装うことから始まるラブストーリーで、小芝はそんな“残念女子”を好演した。

受賞を受けて小芝は、「SNSをどんどん更新したり最終回を一部生放送にしたりして、キャストとスタッフがみんなで力を合わせ盛り上げたドラマで、こうして賞をいただけてうれしいです」と喜びを語った。

「私にとっては初めての本格的なラブストーリーで、最初は視聴者の皆さんの胸をときめかすにはどうしたらいいんだろう?という不安もありましたが、相手役が女性の心をつかんで離さない中島健人さんだったので、安心してお任せできました。実際、宗介をすごくすてきに演じてくれましたよね」と撮影を振り返った。

そんな中島とは、「女子代表としては中島さんのビジュアルをチェックし、『髪は眉毛の半分より外側にくるようにしてください』と勝手に提案して(笑)。『前髪が自然に両サイドに分かれているときが最高』と言うと、中島さんは気さくに『マジで? どうすればいい?』と応じてくれました」と良好な関係が築けたという。

愛と宗介の恋愛模様が盛り上がる一方で、愛の先輩編集部員・樋口(赤楚衛二)も宗介に劣らずの視聴者人気を獲得。小芝も「樋口さんは愛のいないところで愛のために動いているので、一部始終を見ている皆さんの間で樋口さん人気が高かった理由は分かります。私も、放送で雨にぬれている彼を見て『樋口〜!』と叫びましたもん(笑)」と明かす。

最後に、「(梨沙を演じた佐久間)由衣さんとも仲良くなれて、4人でいると楽しくておしゃべりが止まらない。“青春のど真ん中”にいると思えて、その意味でも忘れられない作品になりました。まだしばらくその余韻に浸っていたいです」と、本作が自身にとっても大切な作品になったことを語っていた。
(取材・文=小田慶子)