『アフタヌーン』にて連載中の人気コミック「ブルーピリオド」の舞台化が決定した。主人公・矢口八虎(やぐち・やとら)を岡宮来夢が演じ、「ブルーピリオド」 The Stageとして2022年3月25日(金)より東京・天王洲 銀河劇場にて上演予定。これにともない、岡宮と原作者である山口つばさのコメントも到着した。

「ブルーピリオド」は、美術大学の受験に奮闘する高校生たちを描いた人気作。美術の知識や絵の技法、美大受験など美術の世界が丁寧に描かれ、2021年10月からはテレビアニメも放送中だ。

岡宮が演じる矢口八虎は、美術室で出会った1枚の絵に心を奪われたことから、国内最難関である東京藝術大学への入学を目指す高校生。また、同級生の美術部員・鮎川龍二(あゆかわ・りゅうじ)を笹森裕貴、八虎と同じ美術予備校に通う高橋世田介(たかはし・よたすけ)を大崎捺希、八虎たちを指導する美術予備校の講師・大葉真由(おおば・まゆ)を鳳翔大が演じる。

■原作者・山口つばさコメント
舞台という漫画とは別の「ナマの芸術」の中で、
キャラクターや物語の表情
そして絵を描くというとても地味な作業が
あの広い舞台でどんな風に表現されるのか、
観客席からの景色がどんなものになるのか
今からとても楽しみです。

■矢口八虎役・岡宮来夢コメント
矢口八虎役を務めさせていただきます、岡宮来夢です!
原作を読ませていただいて、挫折したり大きな壁にぶつかっても強い信念を持って立ち向かっていく八虎の姿に強く胸を打たれました。
随所に散りばめられている言葉の数々も心に突き刺さります。
素敵な共演者の皆様、そしてスタッフの皆様とこの物語を紡ぐのが楽しみです!
青く熱く染め上げます。応援よろしくお願いします!