上白石萌音、深津絵里、川栄李奈がヒロインを務める連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月〜金曜の振り返り)。11月22日放送の第16回では、ついに稔(松村北斗)が出征した。出征前に安子(上白石)に語ったまだ見ぬ我が子への思いに、視聴者から感動の声があふれた。(以下、ネタバレがあります)

今週は第4週「1943-1945」を放送中。稔と勇(村上虹郎)が学徒動員で出征し、岡山も大空襲を受けるなど、終戦までのつらい日々が描かれる。

第16回冒頭では、稔が出征するまでの数日間が描かれた。

「早う戦争が終わってほしい。どこの国とも自由に行き来できる。どこの国の音楽も自由に聴ける。僕らの子どもにゃあ、そんな世界を生きてほしい。ひなたの道を、歩いてほしい」そう思いを語った稔。

出征の日が近づき、安子が寝室で「稔さん、どうかご無事で、ご無事で帰ってきてください」と涙を見せると、稔は「安子、泣くな。きっと帰ってくる。必ず帰ってくるから」とほほえみ、安子を抱きしめて「大丈夫じゃ」と安心させるようにつぶやいた。そして、稔は出征した。

■「るいちゃん」がYahoo!検索ランキング上位に

稔の出征後、安子が生んだ子は女の子だった。安子は、稔から預かっていた命名書に書かれた「るい」という名を我が子につけた。それは、2人が喫茶店で聴いたジャズの名曲「On The Sunny Side Of The Street(ひなたの道を)」のルイ・アームストロングから取られたものだった――。

出征していく稔が安子に注いだ愛情のなんと深く、温かいことか。視聴者からは「幸せなシーンの2人を見ているとつらい」「ひなたの道をあるいてほしい、という稔さんの強い思いが沁みた」「稔さん、どうか帰ってきて!」「稔さんがるいちゃんに会えますように!」と感動の声が続出。放送後は、稔の思いが込められた子供の名前「るいちゃん」がYahoo!検索ランキングトップ5圏内に浮上するなど注目を集めた。

放送日の11月22日は“いい夫婦の日”。そんな日に描かれた、安子と稔の短いけれど美しく幸せな新婚生活。Twitterの「カムカムエヴリバディ」公式アカウントはこの日、「#カムカムいい夫婦」のハッシュタグをつけ、安子と稔の婚礼記念写真を投稿。この投稿にも、たちまち1万を超える「いいね」が集まった。