なにわ男子・道枝駿佑、Snow Man・目黒蓮がW主演を務めるオシドラサタデー「消えた初恋」(毎週土曜夜11:30-0:00、テレビ朝日系)。このドラマの裏側などを収めた動画配信プラットフォームTELASA(テラサ)オリジナルコンテンツ「『消えた初恋』学級日誌」第3話の配信がスタートした。第3話では、道枝、目黒、福本莉子、鈴木仁の4人が緊急学級会を行う。

同ドラマは、現在「別冊マーガレット」(集英社)で連載中の同名漫画(原作:ひねくれ渡/作画:アルコ)を実写化。クラスメイトの橋下さん(福本莉子)に片思い中の男子高校生・青木(道枝)だが、ひょんな出来事から、硬派な井田(目黒)と三角関係に。勘違いが勘違いを呼ぶラブコメディー作品だ。

「『消えた初恋』学級日誌」では、普段は日直となったキャストを中心に、撮影エピソードや、衣装へのこだわり、メイキング映像を公開するなどドラマの裏側を紹介しているが、第3話は大西洋平テレビ朝日アナウンサーが日直を担当し、4人の結束をさらに高めるために「緊急学級会」を開催。

“特製・消え恋くじ”を用意。くじを引き、そこに書かれている内容をもとに、みんなで撮影エピソードを語り合う。

「撮影を重ねるごとに仲良くなっています」という道枝や、「すでに今回、結束力を見せられると思います」という目黒は、開始前から自信満々。しかし、この消え恋くじにはハズレくじも入っており、それを引くと問答無用で罰ゲームが待ち受けていると知り、4人は戦々恐々。

しかも、トップバッターの福本がいきなり罰ゲームを引き当ててしまう。さらに“なんとしても道枝に罰ゲームをやらせたい”と考えた目黒がムチャぶりを開始する。

一方、『撮影中で一番笑ったシーンは?』というテーマでは、福本が「演技かと思った」というほどにナチュラルだった道枝のドジっ子エピソードを暴露。さらに鈴木が、そんな道枝をフォローしようとしていた目黒の様子を話したり、道枝&目黒が苦戦したシーンなど、撮影の裏側トークが次々に飛び出す。