「あなたの番です 劇場版」(12月10日[金]公開)の完成報告会が11月22日に東京都内で行われ、原田知世、田中圭、西野七瀬、横浜流星、浅香航大、奈緒、坪倉由幸(我が家)、袴田吉彦、片桐仁、野間口徹、皆川猿時、木村多江、佐久間紀佳監督が出席した。


2019年4月〜9月に放送されたドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)では、“年の差新婚夫婦”手塚菜奈(原田)と翔太(田中)が東京都内のマンションに引っ越し、幸せいっぱいの新婚生活を始めるはずが一転、住民たちの“交換殺人ゲーム”に巻き込まれていくというストーリーが展開。
劇場版では、菜奈と翔太が引っ越してきた日、もしも住民会に出席したのが菜奈ではなく翔太だったら…、あの“交換殺人ゲーム”が始まらなかったら…、そんな“もしもの世界”が描かれる。

原田は「また新たな人生を翔太くんと歩める。劇場版では幸せな…?」とネタバレに気をつけながら、「本当にうれしく、幸せに思いながら撮影をしていました」と“あな番”の世界への復帰に感激しきり。

田中も「2人が正式に結婚をして。結婚パーティーをしようと、皆さんをご招待する」と夫婦の幸せな場面が描かれることを喜び、「菜奈ちゃんが失われた世界を生きていたけれど、今回は菜奈ちゃんと一緒に歩む世界線。すごくうれしかったです。久しぶりに菜奈ちゃんと翔太くんとして生きるということで、最初は緊張をしていたんですが、いざ撮影現場に行くとすんなりとあのときの空気感が戻ってきた」としみじみ。

また、田中は「ドラマ版のときから、唯一制作陣に思っている文句がある」と切り出し、「翔太ってすごくジムで鍛えているくせに、めちゃくちゃ弱い」と演じる役柄についてクレーム。「ネタバレなんですけど言っていいですか」とお願いしながら、「僕、またやられるんです。横浜流星に。思い切り蹴られている」と明かした。


一方、今回もアクションがある二階堂役の横浜は「ドラマ版のときは、台本に“二階堂のアクションではなく、横浜流星によるアクションで“と書いてあって。戸惑いがあった」と苦笑い。「今回はちゃんと意味のあるアクション。よし!という感じでした」と続けると、田中が「まるでドラマが意味のないアクションみたいじゃん」とツッコミ、周囲も大爆笑。

横浜は「戸惑いがあったんです。“田中圭によるアクション”って書いてあったら、戸惑いません?」と慌てて説明し、「臨機応変に対応するということを学びました」と“あな番”からの学びを笑顔で明かしていた。