窪田正孝が主演を務める「ラジエーションハウスII 〜放射線科の診断レポート〜」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第8話が11月22日に放送された。第8話では、放射線技師の裕乃(広瀬アリス)がアイドルを志す女子高校生・乃愛(吉川愛)の心に寄り添い、ダイエットのし過ぎで自分を失ってしまってはいけないと熱意をもって伝えるシーンがあり、視聴者に感動を呼んだ。 (以下、ネタバレが含まれます)

■裕乃が“10円玉”大の脱毛が見つけてショックを受ける

同ドラマは、2019年4月期に放送された「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」の続編で、唯織(窪田)ら放射線技師たちが、医学界のルールや型にはまらない方法で病の原因を探り“視えない病”を見つけだしていく物語。

第8話は、裕乃の頭に円形脱毛が見つかり、鏡を見ながら激しく落ち込む姿から始まった。唯織をひそかに思う裕乃は、唯織が見詰める先にはいつも杏(本田翼)がいて、自分は仕事も恋も負けっ放しだと、どん底状態にいた。

そんな中、裕乃は高校時代の担任・熊田(おかやまはじめ)が連れてきた高校生の患者・乃愛と出会う。3カ月前からふらつくことがあるという乃愛の検査をしたところ、ウイッグを装着して白髪交じりのグレーヘアを隠していたことや、ダイエットのし過ぎで骨に栄養が足りていないことが発覚した。

■乃愛が抱えるコンプレックスに目を向けた裕乃

実は乃愛には子どものころから「アイドルになりたい」という夢があり、美しく人気者の妹に対してコンプレックスを抱えていたのである。自信が持てずにいる乃愛に共感した裕乃は、検査を嫌がり反発する乃愛の話を根気よく聞き続け、少しだけ大人の立場から「もっと自分を大切にして」「二十歳を過ぎたら栄養を吸収しようとしてもできない」と、過度なダイエットに警鐘を鳴らしつつ、乃愛の気持ちも理解してあげられる技師に成長した姿を見せた。

乃愛は動画生配信をして、自分の白髪姿を公開。裕乃に感謝を述べ「私もその人(裕乃)みたいに、誰かに元気を与えられるように、すてきな大人になりたいです。それが今の私の新しい目標です」と語り、それを聞いた裕乃は大きな瞳に涙を浮かべて、笑顔を取り戻した。

■過度なダイエットの話題に視聴者「私も倒れたことある」

年齢や職業、目指す夢があろうとなかろうと、人間は挫折して弱ってしまうときがある。裕乃が乃愛の気持ちに寄り添ったシーンは視聴者の心にも刺さり、SNSで「広瀬アリスさんの熱演がとても良かった」「あんな大人の女性が自分の周りにいてくれたら心強い」「ダイエットってどこが限界かわからないから私も倒れたことあるんだよな」など、それぞれの思いで今回の放送内容を受け止めていたようだ。

次回、第9話は11月29日(月)夜9:00よりフジテレビ系で放送。田中(八嶋智人)は仕事で「基礎が身に付いていない」と言われ、追い打ちをかけるかのように別れた妻・幸子(猫背椿)から再婚の知らせが来て落ち込む。

そんなある日、医療メーカーの営業マン・山田(石井正則)がラジエーションハウスを訪れる。田中と山田が似た境遇だと意気投合する中、唯織は山田の左耳が聞こえにくいのではないかと気付く。