12月4日(土)に大阪・エディオンアリーナ大阪にて開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN〜スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ〜」が、ABEMA内格闘チャンネルにて4日昼12:00より完全生中継されることが決定した。

K-1 JAPAN GROUP(以下、K-1)は、K-1スーパー・フェザー王者の武尊選手らスター選手が、K-1やKrushなどの格闘技イベントを開催する、今、もっとも熱い立ち技格闘技団体で、12月4日(土)に開催される大阪大会では、K-1スーパー・ウェルター級王者の木村“フィリップ”ミノル選手によるK-1での最後の試合を“K-1 FINAL”と題し、和島大海選手を対戦相手にしてタイトルマッチを行うのに加え、過去に4戦し、おたがいが2勝ずつの王者の椿原龍矢選手と軍司泰斗選手によるフェザー級タイトルマッチが行われるなど、プレリミナリーファイトを含む全試合を完全生中継する。

本大会に向け、今回でK-1を退く木村選手に焦点を当てたオリジナルのビジュアルが解禁された。木村選手は、2019年3月に行われた「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN〜K'FESTA.2〜」以降、連戦連勝、すべてKO勝利を収めていたが、2021年3月28日「K'FESTA.4 Day.2」日本武道館大会の負傷欠場が決まると、長らく試合から遠のくことになる。今回の大阪大会で、K-1スーパー・ウェルター級王者としての初防衛戦で、和島選手の挑戦を受けるとともに、この試合を最後に、K-1から卒業することを発表した。その木村選手のファイナルマッチを華々しく魅せるべく、オリジナルビジュアルでは、背景に金テープをまとわせ、木村選手の新たなステージへ一歩踏み出す様子を表現している。

10月28日に行われたカード発表記者会見にて、「K-1らしいロマンあふれる戦いが見られるのも最後だと思うので、ぜひ目に焼きつけてほしいなと思います」とコメントした木村選手だが、驚異の10連勝のはじまりとなった和島選手との再戦にて、どんな試合を展開するのか、今から注目が集まっている。