11月23日に放送された「パパジャニWEST」(TBS系)では、ジャニーズWESTが子供のお願いごとをかなえる新企画に挑戦。魚釣りや寿司を握るなど1日掛かりで準備をし、サプライズを敢行した。

「あの顔が見たい! クレイジーハッピー大作戦」と題して行われた今回の企画は、先週に引き続き、回転寿司が大好きだというワタナベハルトくんのためにジャニーズWESTがプラレール回転寿司作りにチャレンジ。

前回の放送では、濱田崇裕と小瀧望が早朝から漁船に乗り込み、2人で15匹という釣果を達成した。一方、苦戦を強いられたのは回転寿司のレーン作りに挑む、中間淳太、重岡大毅、藤井流星の3人。時間が迫るなか粛々と作業を進めていたが、飼い犬のミニーちゃんが乱入するハプニングに見舞われた。

気付いた藤井は「ダメダメダメ」と声を上げ、中間と共に誘導して部屋の外へと連れ出した。すると、その様子を見ていた重岡が「ジュンちゃん、おいで」と中間に声を掛けると、中間は犬の物まねをして笑いを誘った。

また、調理と買い出しを担当する桐山照史と神山智洋は、神山考案のふりかけでカラフルに色付けしたレインボー寿司を完成。プラレールチームに試食を依頼すると、重岡は「天才!」と絶賛した。

さらに、合流した濱田と小瀧が釣果をメンバーに披露すると、重岡を筆頭に「でかっ!」と一同驚き。濱田が釣った魚をさばいてみせると、小瀧は「ハマちゃんがいるってやっぱいいな。一世帯に“一濱田”やな、絶対その方がいい。日本が平和になる」と褒めた。

プラレール回転寿司の走行テストでは、おもちゃの寿司を使ってシミュレーションをすると、下り坂の先のカーブで転倒。続いて通常レーンでも走行が停止するなど、カーブや速度の微妙な調整が続いた。

そして、いよいよメンバーはハルトくんの帰宅を待つことに。藤井と神山は1階のキッチンでスタンバイし、寿司を担当する神山はおいしいお寿司を届けようと時間ギリギリまで待つこだわりを見せた。

姿を見せ、部屋に入ると「何これ?」と不思議がったハルトくん。メンバーが手を合わせて祈るようにして見守るなか、神山が作ったいくら軍艦を皿に乗せた車両を藤井が発進させると、ハルトくんは声を上げて喜び、メンバー念願の“クレイジーハッピー”が飛び出した。

「パパジャニWEST」は毎週火曜深夜に放送中。次回は11月30日(火)の放送予定。


※濱田崇裕の「濱」は異体字