俳優の柳俊太郎が、2022年3月に放送・配信する「WOWOWオリジナルドラマ ヒル」に出演する。演じるのは他人に寄生する不法滞在者“ヒル”のひとりで、ユウキ(赤楚衛二)という青年になりすますヨビ。インパクトのある金髪ロングヘアが目印だ。
※柳俊太郎の「柳」は木へんに夘が正式表記

主人公・ユウキを翻弄する謎の存在“ヨビ”

今作は、WEB・アプリで人気を博して話題を呼んだ漫画『ヒル』『ヒル・ツー』(新潮社バンチコミックス)を原作に連続ドラマ化。他人になりすましをされた⻘年が、他人に寄生する不法滞在者“ヒル”の存在を知り、彼らに果敢に立ち向かっていく姿を描く。他人に寄生して生きる者たちの運命と格差社会の闇を描く、新時代の社会派復讐サスペンスドラマだ。Season1とSeason2、それぞれ6話ずつの全12話で放送される。

Season1の主演に抜擢されたのは、赤楚衛二。主人公のユウキ(赤楚)を演じる。そして、そのユウキになりすますヒル・ヨビを演じるのが柳だ。

21歳のユウキがバイトを終えて部屋に帰ると、部屋には腹部をナイフで刺された見知らぬ男(柳)が座っていた。男は搬送先で目を覚ますと、刑事に向かって自分は“ユウキ”だと名乗り、ユウキを指さしながら「この人が自分を刺した」と供述する。

とっさにその場を逃げ出したユウキは一瞬にして逃亡犯に。そんな時、目の前に現れたゾーカという女性から、復讐を手伝ってほしい、と頼まれる。ゾーカもまた、住人が不在の家を渡り歩いて生活する“ヒル”だった――というストーリーが描かれる。

■柳俊太郎、「トーキョー製麺所」「ギヴン」など出演続く

今年ドラマ出演が続く柳。MBS/TBSドラマイズム「トーキョー製麺所」で製麺所のバイトリーダー・青井を演じ、夢のためにバイト生活を続ける青年の迷いを繊細に演じた。バンドメンバーたちの青春を描くFODドラマ「ギヴン」では、バンドの最年長メンバー・中山春樹を熱演。同作は11月から、フジテレビで地上波放送されている。

このほか、ドラマ「アンラッキーガール」(日本テレビ系)のゲスト出演や、「世にも奇妙な物語‘21 秋の特別編」(フジテレビ系)、映画「るろうに剣心 最終章 THE Final」「猿楽町で会いましょう」にも出演。出演したNetflixオリジナルドラマ「今際の国のアリス」も大ヒットするなど、存在感を増してきている。

「ヒル」で演じるヨビは、かつて両親を殺害し世間を騒がせた少年A。原作では「ヒル・ツー」に登場するキャラクターで、美しい金髪ロングヘアをなびかせる強烈な役柄だ。“復讐”をテーマにした同作で柳はどんな人物を演じるのか、注目が集まる。