音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」(以下、「ヒプノシスマイク」)とのコラボレーション企画「HYPNOSISMIC on ABEMA」(以下、「ヒプノシスアベマ」)における、「≪2nd D.R.B≫Final Battle 結果発表会」が、ABEMA SPECIALチャンネルにて11月28日に独占生放送され、優勝ディビジョンが決定した。

イケブクロ、ヨコハマ、シブヤ、シンジュク、オオサカ、ナゴヤの全6ディビジョンがぶつかりあう≪2nd D.R.B≫で、優勝ディビジョンを決めるFinal Battleには、オオサカ・ディビジョン“どついたれ本舗”vs イケブクロ・ディビジョン“Buster Bros!!!”による1st Battle、ナゴヤ・デイビジョン“Bad Ass Temple”vsシンジュク・ディビジョン“麻天狼”による2nd Battle、シブヤ・ディビジョン“Fling Posse”vsヨコハマ・ディビジョン“MAD TRIGGER CREW”による3rd Battleをそれぞれ勝ち抜いた、“Buster Bros!!!”“麻天狼”“Fling Posse”が進出し、LIVE投票、CD投票、VR BATTLE投票という3次にわたる投票を経て、勝敗が決まる。

■最終結果発表前に――

最終決戦の発表が行われた本放送では、全ディビジョン18名が一堂に会し、これまでの≪2nd D.R.B≫のし烈なバトルの数々をふり返っていった。

そして、最終結果発表を前に、“Buster Bros!!!”のリーダーの木村昴は、「まずは、兄弟3人とこの日を迎えられたこと、うれしく思います。そしてずっと僕たち“Buster Bros!!!”を応援し、サポートしてくれたブクロヘッズのみんなに、まずは心からの感謝を伝えたいと思います。兄弟3人と力をあわせ、正々堂々と戦いました。どうか最後まで見守っていてください、よろしくお願いします!」。

“麻天狼”のリーダーの速水奨は、「この3人で戦ってこられたことを誇りに思います。そして、そんな僕たちを応援してくださったシンジュクのファンのみなさん、いつもありがとうございます。前回は優勝しましたが、そんな気持ちをまっさらにして、この1年間、戦ってきました。いまは無風の海のように、おだやかな気持ちで、どんな結果になっても僕たちは、とても納得できるような心境にいると思います。よろしくお願いします」。

“Fling Posse”のリーダーの白井悠介は、「正直、1st Battleでヨコハマと戦って、がむしゃらに全身でやって、初めて勝ちをもぎとれました。そこで全部、出しつくした感はありましたが、優勝まであと一歩というところまできて、僕らが勝ちたいという気持ちはありますが、応援して、支えてくださったみなさんのためにも、そして乱数、帝統、幻太郎、3人のためにも勝ちたいなという気持ちは、どこのディビジョンにも負けないと思います。どんな結果になっても、前を向いて3人で進んでいきますけども、あとは結果を待つだけだということで、受け入れようと思います。すべて出し尽くしました」とそれぞれコメントし、緊張の面持ちで、その瞬間を迎える。

■優勝は“Fling Posse”

そいて、VR BATTLE投票(3次投票)の合計ポイントが明かされ、イケブクロ・ディビジョン“Buster Bros!!!”が合計115,227、シンジュク・ディビジョン“麻天狼”が合計101,981、シブヤ・ディビジョン“Fling Posse”が合計130,346と、“Fling Posse”が優勝という結果になる。

結果を見届け、優勝ディビジョンのシブヤ・ディビジョンのリーダーの白井は、「まずは、投票してくださったみなさん、“Fling Posse”を応援してくださったみなさん、本当にありがとうございます。シブヤ・ディビジョンは、ディフェンディングチャンピオンのシンジュク・ディビジョンと、このヒプノシスマイクを支えてきてくれているイケブクロ・ディビジョンにくらべると、僕のなかでは番狂わせというか、シブヤは異質だな、と思っていました。なので、まだ実感はないんですが、本当に優勝したんだな、とじわじわと思ってくるんじゃないかなと思います。みなさんに優勝させてもらった、そんな今回の戦いだなと思いました。本当にありがとうございました」。

メンバーの斉藤壮馬は、「どのディビジョンも全力をつくして、ともに高めあって、ヒプノシスマイクを生き切った結果がこのようなかたちになったと理解しています。改めてPosseを導いてくださったみなさまに、お礼を申しあげたいと思います。ヒプノシスマイクを応援してくださいまして、ありがとうございます」。

野津山幸宏は、「ヒプノシスマイクを応援してくださるすべてのみなさま、ありがとうございます。こんなに我々キャスト18名含め、お客さんも熱くなって、笑えて泣けるコンテンツって、なかなかないと思うんですけど、このコンテンツにかかわらせていただいたことに、改めてありがたいなと思っています。今回は“Fling Posse”が優勝ということになりましたが、きっと、もっともっとおもしろくなっていく世界が広がっていくと思います。これからも僕も全力でがんばりたいと思います。みなさま、本日は本当にありがとうございました」と喜びと感謝のコメントを寄せた。


■幕張メッセ公演、生配信決定

また最後に、「ヒプノシスマイク」史上初のARライブとして、大阪、千葉と5日間で全13公演行われる「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-3DCG LIVE“HYPED-UP 01”」の2022年1月10日(月・祝)に開催される千葉・幕張メッセ公演が、ABEMA PPV ONLINE LIVEにて生配信されることが発表された。