GENERATIONS from EXILE TRIBEのレギュラー番組「GENERATIONS高校TV」(毎週土曜夜9:00-10:00、ABEMA SPECIALチャンネル)の12月4日(土)の放送回では、「男女コンビYouTuberスペシャルコラボ後半戦」と題し、関西ならではのノリと、ふたりの仲の良さで視聴者を虜(とりこ)にしているYouTuberの夜のひと笑いと、リアル兄妹ならではの絶妙なかけあいが魅力の、仲良し兄妹YouTuberの中町兄妹が再び登場し、GENERATIONSのメンバーたちとともに、「シンプルゲーム」や「ミッションかくれんぼ」で白熱バトルをくり広げる。

■「シンプルゲーム」

オープニングでは、中町兄妹が「GENE高にピッタリ!」として持ち込んだ、リズムにあわせてシンプルなことを全力で言う企画「シンプルゲーム」を行う。

すると、メンバーたちは、「黒板全部緑色」や「酸素を吸って二酸化炭素を吐く」など、誰もが納得のいくシンプルな言葉をリズムよくつむいでいき、順調なすべり出しを見せるが、ただひとり、佐野玲於だけは考え込む。そして、いよいよ自分の順番が回ってくると、字あまりで「AbemaTVにさっきどら焼きもらいました」と発言し、ほかのメンバーたちからは「え、何の話!?」「意味わからない(笑)」と猛烈にツッコまれる。しかし、その後に佐野が、しどろもどろで「……でも、シンプルじゃない?」と返すと、企画立案者の中町兄妹の兄の中町JPは、「でも、僕たちはもらってないし…人によるので!」と、これを受け、途端に恥ずかしくなってしまった佐野は、顔を真っ赤にしながら「それは該当しないんですか…」と理解を示すが、そんな佐野に中町JPからまさかのお達しがくだる。

実は、“ノーシンプル”とジャッジされた場合、「次におもしろいシンプルが出るまで、待機&自動的にいちばん最後のトリに抜擢」というルールが明かされると、これを聞いた佐野は目を丸めて驚く。必然的に、シンプルでありながらも、クスッと笑える“おもしろさ”が求められるこのゲームに、顔をこわばらせながら「これ苦手かもしれない…」と訴え、現場の笑いを誘う。このゲームの思いもよらぬむずかしさを知ってしまった佐野は、無事に、シンプルかつ少しおもしろい発言を思いつくことができるのか、いつも冷静な佐野が、迷走し、崩壊寸前となってしまうめずらしい姿を見ることができる。


■「会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編」の名ゼリフを

番組の後半では、「ミッションかくれんぼ」を行う。

制限時間30分以内で、最後までかくれ切った人or全員、見つけた鬼は、番組オリジナル図書券が贈呈されるこのゲームだが、今回は特別ルールとして、新たなふたつのミッションが追加される。“かくれんぼ”にもかかわらず、「鬼を挑発することを大声で叫ぶ」「TikTokで“全力きゅんきゅん”を撮影する」という、まさかのミッション内容が発表されると、メンバーたちは困惑しながらも、「でも、TikTokは2000円もらえるのか…」と、見つかる可能性がはねあがるTikTok撮影の豪華報酬金額にニヤリと笑う。

鬼となった中務裕太以外のメンバーたちが元気いっぱいにスタートを切ると、3分後にスタートする中務は、「2分で見つけたる!」とやる気満々で、佐野が、現在、出演中のドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編」(毎週木曜夜10:00〜、ABEMA SPECIALチャンネルにて全8回)の名ゼリフを大声で叫び、名誉を挽回したかと思えば、帽子とメガネ姿で登場した数原龍友は、完璧すぎるカメラマンの変装で味方をもだます作戦を使い、誰も思いつかないようなかくれ方で中務をまどわす。

そんななか、中務は、制限時間内にすべてのメンバーを見つけ出すことができるのか、また、中務以外のメンバーたちは、無事にミッションをクリアし、逃げ切ることができるのかを楽しむことができる。