城島茂が、12月3日に都内で行われた「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦〜」プロジェクトチーム決起集会2021に登壇した。全国で相次ぐオレオレ詐欺をはじめとする特殊詐欺の被害を防止するための広報啓発活動を行うことを目的に、幅広い世代に対して高い発信力を有する著名人たちが結成したプロジェクトチーム「SOS47」。SOSは“ストップ・オレオレ詐欺”の頭文字から、47は全国47都道府県の警察が一丸となって特殊詐欺被害防止に取り組んでいくことを示す数字となっている。

3年前に「特別防犯支援官」を委嘱した城島は、「これまでの活動の中でいろんな地域に行かせていただき、イベントで呼びかけをして参りました。最近では千葉県幕張のショッピングモールでイベントを行いましたが、そういう場所では家族連れとか、いろんな世代の方がいらっしゃるので、幅広い層の方に特殊詐欺の防犯について伝えられたんじゃないかと思っております。でも、それもまだ一部でしかありません。今後の活動で、日本全国で伝えられたらと思っております」と活動を振り返りつつ、さらなる目標も語った。

さらに、「高齢者の方、特に一人暮らしの方は、人と話す機会が少なくなってぬくもりに飢えますよね。ちょっと怪しい電話だなと思っても、息子だと名乗られると判断能力が落ちてしまうなんてこともあると思うんです。私もSOS47の活動を始めて3年経ちますけど、だんだん文字が見えにくくなったりしてますし、誰でも老化現象は起こります。うちの母も70歳ですが、骨密度が落ちてきたと言ってますし、忘れっぽくなったりもしています。認知症という言葉も遠い未来ではなく、現実的なことなのかなって母の背中を見て思いました」と、誰もが被害者になり得ると話し、「家族間でコミュニケーションを密に取ること。普段の会話の中で敢えて詐欺の事件を話題に出して、『気をつけて』と注意を呼びかけること。それに家族の体調やいろんな状況の変化に気づいてあげられる自分でいることも大切だと思います。まずは身内を守ること、それがサポートの第一歩だと思います」と被害に遭わないための対策を伝えた。

「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦〜」プロジェクトチーム決起集会には、城島のほかに、警視庁特別防犯対策監の杉良太郎、特別防犯支援官の伍代夏子、松本利夫(EXILE)、飯豊まりえ、吉原朝馬、山崎怜奈(乃木坂46)、向井地美音(AKB48)、斉藤真木子(SKE48)、小嶋花梨(NMB48)、石田千穂(STU48)が出席した。

◆取材・文=田中隆信