清野菜名と坂口健太郎が出演する火曜ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)の第10話が12月21日(火)に放送される。

有生青春氏の同名漫画が原作の同ドラマは、彼氏はいないが、一緒に飲んでくれる友達はいる。そして、仕事はやりがいがあって、めちゃくちゃ楽しい!そんな独身を謳歌(おうか)している27歳の大加戸明葉(清野)と、ある理由から“既婚者”の肩書きを手に入れるため、出会ったばかりの明葉に“偽装結婚”を申し込む、広告代理店勤務の30歳サラリーマン・百瀬柊(坂口)が織りなす“不意キュンラブコメディー”。(以下、第9話のネタバレがあります)

第9話(12月14日放送)のラストシーンでは、思い合っているにもかかわらず、すれ違いを続けていた明葉と百瀬が、お互いに気持ちを伝え合い、キスを交わす場面が描かれた。

気持ちを伝えることの大切さを知った百瀬は、明葉のもとを訪ねる。百瀬への思いを振り切れずにいた明葉は、「私やっぱり、傷ついても、しんどくても、やっぱり私、百瀬さんのことが...」とあふれる思いを口にする。すると、百瀬は「ああ!ダメです。僕から言わせてください」と遮り、「明葉さんが好きです。これはライクじゃないです。ラブです。僕は…明葉さんをラブです」と、明葉を見つめながら告白。

やっと思いが通じ合った2人はそのままキスを交わし、明葉も「私も百瀬さんのことがラブです!」と気持ちを伝え、微笑み合う場面で幕を閉じた。最終話となる第10話では、また一緒に暮らし始めた2人の姿が描かれる。


■「婚姻届に判を捺しただけですが」第10話あらすじ

ついにライクからラブへと、お互いの気持ちを確かめることができた明葉(清野菜名)と百瀬(坂口健太郎)。いちから付き合いを始めることになり、明葉は百瀬と暮らしていた家へと帰ることになった。明葉がお揃いのものを買ってきてくれて百瀬は幸せでいっぱい。

“初めての両想い”に浮かれる百瀬は、仕事の取引先相手にも「妻が…」と明葉の作品を自慢げに語ってしまう。すると、その取引先相手が明葉を指名して森田デザインに仕事を依頼。明葉は自分の実力が評価されて、指名されたのだと思って喜ぶ。

そんな中、一緒に暮らしていた家を退去しなければいけない事態が起こる。


■ラブラブな明葉&百瀬の姿に視聴者「予告見るだけで幸せ…」

公式ホームページなどで見ることができる予告動画では、ペアルック姿の明葉と百瀬が、幸せそうに見つめ合う姿や、百瀬が甘えるように明葉の肩に顔を寄せる場面など、これまでとは打って変わってラブラブな2人の姿が印象的だ。

しかし、「価値観の違いで破局!?」というテロップとともに、「夫婦夫婦って言いますけど、結婚って何ですか?」という明葉のせりふや、百瀬が頭を抱える姿など、不穏な雰囲気が漂う場面が映し出されている。さらに、「今まで、ありがとう…」(百瀬)、「お世話になりました…」(明葉)と伝え合う姿も。

予告動画を見たファンは、「両思いに浮かれる百瀬さん、完全に恋してる目だ!」「ペアルック!?2人ともかわいい…」「2人で寝てる姿にキュン…予告見るだけで幸せ…」「『お世話になりました』ってどういうこと!?」などといった声が上がり、盛り上がりを見せている。

「婚姻届に判を捺しただけですが」第10話は、12月21日(火)夜10時放送。