かまいたちが2022年1月1日(土)に放送される「あたらしいテレビ」(夜11:20-0:20、NHK総合)にてNHK初MCを務めることが発表された。同番組は、多様化する映像コンテンツについて、テレビ局の垣根を超え、メディアやプラットフォームの境界、ジャンルの壁も超えて語りつくす。かまいたちの他、内田篤人、杉浦友紀アナウンサーがMCとして出演し、VTRにはBiSHのセントチヒロ・チッチ、佐久間宣行、岸井ゆきの、菅田将暉らも登場する。

「あたらしいテレビ」では、多様化する映像コンテンツについて、複数の「部屋」が用意され、部屋ごとに徹底トークを展開。
一つ目の部屋では、「水曜日のダウンタウン」(TBS系)の演出として挑戦的な番組作りを続ける藤井健太郎、セントチヒロ・チッチ、ラッパーのBIM、さらば青春の光の森田哲矢がトーク。

また、別の部屋では、佐久間宣行、岸井ゆきの、井之脇海、クリエーティブディレクター・澤本嘉光が、「U18」部屋では、10代のインフルエンサーが、“あたらしい”テレビについて、それぞれ語り合う。そんな個性的な面々のトークを、 かまいたちと、内田がモニタリングする。

さらに、空手家の清水希容選手、菅田が特別ゲストとして最近ハマったコンテンツについてなど、インタビューに答える。
2021年に印象に残った映像コンテンツから、 感動した番組や圧倒された動画、 新たなコンテンツの楽しみ方、そして映像業界の未来など、“あたらしいコンテンツ”について紹介する。

■山内健司「いいものを教えてもらったなっていう感じですね」
――収録を終えてみていかがでしょうか?

濱家隆一:勉強になりましたね、本当に。一線でやってる方が、テレビとか映像に関して、どういう考えを持っているのかっていうのを聞けて。インプット、ほんまにせなあかんなと思いました。

山内健司:一線でやってる人と、あと若い子。最先端の子たちの意見を聞いて、自分にない情報をめちゃめちゃ得られました。あと佐久間さんなんかは、こうなっていった方がいいんだろうなっていうことに気づき始めている。未来のテレビも、今後のメディア業界も、なんか変わっていきそうな気がするなって思いました。

――お二人が映像業界に感じていることはありますか?

山内:僕らの時はテレビしかなかったのが、いまはYouTubeもあるしインスタやTikTokとかもあって、見る側が選べる選択肢が増えましたよね。NETFLIX、Amazonプライムのように、オリジナルのドラマも出ている。見るのに手が回らないと思っていたんですけれど、今日の話を聞いたら、やっぱり見た方がいろんな幅が広がりそうだなって。

――演者でも作り手でもあるお二人が、こうして広がっている中で、考えることはありますか?

濱家:メインの主戦場はテレビなんですけど、他のコンテンツを諦めたくないっていうのがあるんで。とりあえず手を出していきたいなっていう感じがありますよ。いろんな人に見てもらうのに越したことはないんで。

――特に今日の話で印象に残ったことはありますか?

濱家:舞台とかが配信で見られるようになったっていうこと。お笑い界もちょっと変わるんじゃないかな。テレビとかには出ていないけれど、劇場でめちゃくちゃ人気のある人っていて。でも、そういう方たちって、劇場にお客さんを呼ぶ収益しかなかったんですけど、いやいや、ドリームつかめるやん!ってなってきている。そこは楽しみですね、これから。

山内:一番印象に残ってるのは、佐久間さんが言った、なんてドラマやったかな…。

濱家:「メア・オブ・イーストタウン」

山内:それ、それです。自分は全く聞いたことないのに、メンバー、みんな知っていて。NETFLIXもU-NEXTも、一応契約はしてるのに、何見ていいかわからない状態だったんで、いいものを教えてもらったなっていう感じですね。

■濱家隆一「どの芸人もやったことなかったな、っていうことに…」
――視聴者の方に、みどころや、こんなふうに見てもらいたいというメッセージをお願い致します。

濱家:珍しいですよね。民放の番組名もばんばん言うし。そこの垣根とか、隔たりなく、みんながきたんなく“テレビ”について意見してるっていうところを見てほしいです。すごく楽しかったです。

――2022年、映像コンテンツについて、ここに注目していきたいということはありますか?

山内:メディア業界でトップを走ってきたのは、テレビで間違いないと思うんで、いま他のコンテンツの勢いもすごいですけど、かたちが変わって、またテレビが若い子も見るような王道のコンテンツに変わっていける可能性はあると思います。ここからめちゃくちゃ変革していくんじゃないかなっていうふうに、今日、特に思いました。

――2022年、やってみたいこと、目指してみたいことは何ですか?

濱家:2021年にやった(配信に特化した)単独ライブもそうなんですけど、まだどの芸人もやったことなかったな、っていうことに挑戦していきたいですね、いろいろやっていきたいです、新しいこと。