名古屋を拠点に活動するユニット“カミングフレーバー”が12月29日(水)に1stシングル「カメリア」をリリースする。

6月に1stミニアルバムをリリースしたカミングフレーバーだが、シングルは初。今作「カメリア」では、これまでのフレッシュな雰囲気とは一転、ダークカラーの衣装に身を包んだ7人がクールに力強い歌声を披露している。

そんな新曲について、リーダーのMIYOと、HINANO、MIZUKIの3人に話を聞いた。

■すごく前向きに終わるので、カミフレらしいなって思います(MIYO)

――まずは今作「カメリア」のコンセプトを教えてください。

MIYO:カメリアは「椿」を意味するフランス語で「謙虚な美徳」っていう花言葉があったり、散る時も徐々に花びらが散るんじゃなくて、花ごと一気に落ちたり、そういう潔さをイメージしてこのタイトルになりました。

――歌詞の内容についてはいかがでしょうか。

MIYO:みんなでこれから突き進んでいくぞっていう思いが全面に出ていて、どれだけ苦しいことがあったりしても、重ねた絆があるから大丈夫っていう歌詞になっています。

MIZUKI:今回の歌詞は難しい言葉も多くて。言葉の意味を調べたら結構重い意味だって分かって、今はすごくつらくて苦しい環境にいるけど、何とか自分の力で突き進もうって気持ちが込められているのかなって思いました。

それがダンスにも表れていて、最後に上を指さしたり、いきなり激しく動くところがあったり、最後まで気を緩められない曲です。

HINANO:そうだね。本当にダンスは指先まで集中して。

MIYO:ずっと気を入れてないと良いものにできないからね。

――歌いだしはMIYOさんのパートですよね。

MIYO:「身を粉にしても 報われない未来」っていう歌詞から始まるんですけど、曲の最後は「今 違う世界線を歩き出してゆく」という歌詞で、「どんなにつらいことがあっても、これから突き進んでいこうよ」って曲になっています。すごく前向きに終わるので、カミフレらしいなって思います。

――リリースは年末ですが、2022年に向けたグループの意気込みみたいなところでもあるんでしょうか。

HINANO:そうですね。私たちも結成して2年半くらいになるんですけど、まだまだ新しいことに挑戦し続けたいし、乗り越えなきゃいけない壁もたくさんあるので、これからも変わらずみんなで助け合いながら、1つ1つ乗り越えていきたいなって思います。

■息を吸う音にもこんな使い方があったんだって驚きました(HINANO)
――あと、今作は呼吸音や加工された歌声が入っていたり、間奏がかなり特徴的ですよね。

MIYO:(アレンジの内容は)聞いてなかったから、完成した音源を聞いて「私たちの息が入ってる!」ってすごくビックリしました(笑)。ちゃんと誰がどの部分っていうのが決まっていて、振り付けもリンクしているんですよ。

HINANO:必死さや苦しさがこの息遣いだけですごく増した感じがして、この曲にピッタリの演出だなって思いました。本当はなかったんですけど、ラストにも息遣いが付いて、それで最後まで緊迫感が続くなって思ったので、息を吸う音にもこんな使い方があったんだって驚きました。

――今回のレコーディングで工夫したことや大変だったことを教えてください。

HINANO:今までも聴いてくれる方に伝えようって必死だったんですけど、今回一番難しかったなって思うのは、苦しさやそういう感情を歌で表現することです。

戦いを思い浮かべるような歌詞が多かったので、シリアスな空気感で相手に向けて「前を向け!」「頑張れ!」「私がいなくても君ならできる!」とか、そういう気持ちを込めるのがすごく難しかったです。

でも、完成した音源を聴いたらメンバーそれぞれの伝え方ができていて、新しいカミフレの一面を見られたなって思いました。

MIYO:HINANOは2番のサビを担当してるから、めっちゃ大事なんですよ!

HINANO:1番のサビは全員で歌ってるんですけど、2番のサビの始まりを私1人で歌うからこそ1番のサビよりもインパクトがないといけないし、もちろん弱くなってもダメだから、その期待に応えなきゃっていうのが一番のプレッシャーでした。でも、私なりに気持ちを込めて歌ったので、伝わればいいなって思います。

MIYO:私は地声が低くて、歌はキーに合わせて高くしていたんですけど、この曲は結構キーが低いんですよ。

私の歌割りも低い音が多くて、「話し掛けているように歌って」と言われたので、そうやって歌ったら本当に自分がしゃべっているみたいな歌になって、スタッフさんから「すごく似合う」とか「歌いだしにしてよかったよ」って言っていただけました。

この歌いだしで聴いてくださる方の心をつかまないといけないので、歌いだしにぜひ注目してほしいなって思います。

MIZUKI:私は「またいつしか 夢の途中で 君が笑ってくれたら それだけでもういいよ」っていう歌詞とか、切ないシーンを歌うことが多かったんですけど、その部分をレコーディングした時にスタッフさんが「MIZUKIさんにしか表せない切なさみたいなものがすごく良い」って褒めてくださったんです。

自分が得意な歌のジャンルがまだ分からなくて模索中だったんですけど、「多分MIZUKIさん、切ない歌が得意なんじゃない?」って言ってくださって新しい発見をすることもできたし、重い雰囲気の歌詞の中でちょっと希望を与えてくれるようなこの部分が個人的に好きだったりもしたので、この歌割りはすごくうれしかったです。

■3人が2021年を漢字1文字で表すと?
――もう12月ということで、年末らしくそれぞれの2021年を漢字1文字で表してもらいたいと思います。

HINANO:私は「波」です。今年はZeppツアーのステージにチームSで立ったり、シングルの初選抜に選んでいただいたり、SKE48としてもいろんなことをやらせてもらえましたし、カミフレの初ミニアルバムも6月でしたよね。その上ツアーもやって、新衣装もあって、今回のシングル…もう波に乗ってしかない!(笑)

MIYO&MIZUKI:(笑)。

HINANO:アイドルとしての波はこれ以上ないんじゃないかってくらい、この1年は本当にすてきなアイドル人生を過ごせたなって思いますね。SKE48としても、カミングフレーバーとしても、波に乗れた1年だったなって思います。

MIZUKI:私は「実」ですね。去年もですけど、特にこの1年でカミングフレーバーとしてボイトレやレッスンをたくさん重ねてきて、ファンの皆さんからパフォーマンスが変わったって言っていただけることが多かったです。

私は歌に苦手意識があるんですけど、最近は「私の歌を聴きたい」とか「歌声が好き」って言っていただけたり、パフォーマンスでも、「真ん中とか前の方に立ってるのが似合う」って言っていただけることがあって。

それはレッスンを積み重ねてきたからこそ付いた実力だと思うので、そういう実感ができた1年だったと思います。

MIYO:私は「支」っていう字ですね。私たちが自分たちで切り開いていこうって頑張っても限界というものはあって、その時にスタッフさんや周りの方々に支えられてるんだなってことを改めて、すごく感じました。

私自身、リーダーっていう立場でグループにいますが、私1人じゃ本当に何もできなくて。みんながいるから、みんなが支えてくれるからリーダーでいられるんだなって思いましたし、ファンの方をパフォーマンスで元気付けたり、支えていきたいなって思うことも最近多くなったので、「支」っていう字にしました。

――では最後に、カミフレの2022年の目標や展望をリーダーのMIYOさんに話していただきたいと思います。

MIYO:まずはこの「カメリア」で私たちのことをたくさんの方に知っていただきたいなって思います。知ってもらえたら、その「カメリア」をぜひ生で観てほしいです。

なので、2022年はたくさんライブをして、いろんな方の心を動かして、カミングフレーバーを好きになってもらって、皆さんと一緒にどんどん前に進んでいきたいなって思います!